FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ブルゴーニュ・ブラン 2003

今週は全米オープンの週なんですけど、ちょっとワールドカップの影で目立ちませんね。タイガー・ウッズもお父さんが亡くなってからの復帰第一戦になるわけで、あまり騒ぎ立てたくない意識も働いているように思います。
コースセッティングが異様に過酷で、過去にも選手からブーイングが出るほどの大会なんですが、今年のコースセッティングはどうなんでしょうか?非常に興味があります。
日本人選手も5名ほどが参加するようですが、がんばっていただきたい。でも、私が応援してる丸ちゃんは参加しないようですね。今年は、ここまでのところ調子が悪いからなあ。身体の故障のニュースは無いので、調整がうまく行ってないんだと思いますが、ゴルフはメンタルな部分が大きいですから、そのあたりも考えてみてほしいですね。
トーナメント選手の中には、精神科医の定期的なコンサルティングを受けている人もいるくらいですから。

今日のワインはブルゴーニュの白ワインです。ACブルゴーニュですからレベルから言えば一番下。でも、一流生産者ならこんなワインでもプライドで良い物を造るはずです。
色は少し黄色が入ったクリアー。香りは、、アレッ、なんか違うぞ。ショートケーキのような生クリームの香りがします。チョコレートも入ってるかな?調べてみると、ピノ・ブラン80㌫、シャルドネ20㌫でした。なんか華やかで良いですねえ。
飲んでみると、バニラ、バターなどの樽に由来すると思われるオイリーな甘みが主体で、果実味はあまり感じません。しかも、温度が上がってくると、どんどんこの甘さが強調されてきます。どうも、この生産者は樽使いに特徴があるようですね。
南のワインのように、完熟系の甘さではないのでくどくないし、時間とともに複雑味も増してくるようなところがあるので、まったく飲み飽きることなく杯が進みます。コスト的にも充分見合うものだと思います。(C)

生産者-ブルノ・クレール
生産国-フランス
購入店-リカーランド・コモリ
購入価格-1980円

◎地味なラベルです。中身に自信があるから外観に無頓着なのでしょうか?
DSCF1428.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/256-c8a88216

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!