まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

グラッパに溺れる旅 -カッシーナ・キッコ訪問-

今日はいよいよ今回の旅の目的のソロペルジャン貯蔵所の開所式です。
でも、それは夜6時半から。 それまでどうします?

協議の結果、辻本さんと取引のあるワイナリーでしばらく訪問していない2社を訪ねてみることにしました。
まずはカナーレにあるカッシーナ・キッコから。

村を見下ろせる小高い丘の上に建っている建物はお城みたい。
おじいさんの代までサラミ屋さんだったと言う面影は全くありませんし、その設備も最新式の近代的なものばかり。

建物も、その内部も極めて清潔でアートしているのが、まさにこれからの次世代ワイナリーだと思わせます。
そして作られるワインも総じて味わいが軽く、私にとっても気安く栓を抜けるように感じたのが彼らの目指している方向なんだと確信しました。

◎小さな村のカナーレ。でも、ここには美味しい星付きレストランがあるのです。
 まなゆうも過去に訪問済みです。
150527c 567

◎カッシーナ・キッコです。
 白い建物が本社屋。茶色い建物が醸造所で地下がセラーになっています。
150527c 565

◎ステンレスタンクがズラリと並ぶ1階部分。今回は現地在住の日本人女性の方(名前を書いたメモを紛失 すんません)が通訳をしてくださいます。
 案内をしてくれるのは当主のエンリコ・ファッチャーモ氏。聞けば村長もしているんだとか。
150527c 569

◎地下のセラーも極めて清潔。お金持ちなんやろうなあ。お友達になりたい。
150527c 571

◎ここにも昔の城壁に地下通路が残されていました。今でも冷たい空気が噴き出してきて、天然の冷蔵庫になっています。
150527c 574

◎地下セラー内の試飲コーナーでウェルカムドリンクをいただきます。ここもカッコええ空間ですねえ。
150527c 576

◎いただいたのはこんなスプマンテ。ナント!補糖ゼロですと!
150527c 578

◎周囲の壁も、このように一部が繰り抜かれてボトルが収められています。きれいです。
150527c 581

◎本社屋の試飲ルームで色々と試飲させてもらいます。そのどれもがきれいな作りですね。
 やはりアメリカがメインマーケットなんでしょうかね?
150527c 582

150527c 584

150527c 586

150527c 587

150527c 590

150527c 594

◎その中でも、やはりこのバローロ・リゼルバは頭一つ飛び抜けていました。「美味しいわあ。」を連発。
 するとファッチャーモ氏がおみやげにと一本くれました。ますます好きやわ。
150527c 596

◎昔使っていたサラミ屋時代の大理石のカウンターや秤が飾られていました。過去の歴史を大事にすることも必要なことですよねえ。
 でも、それをサラリと室内装飾のアイテムに使ってしまうセンスの良さに脱帽です。
150527c 589
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2579-979c8748

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad