まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

西野嘉高的ワイン生産者ディナー@万正(まんまさ) -ポデーレ ポッジョ・スカレッティ-

イタリアワインの伝道師を自認する西野嘉高さんからワイン会のお誘いが。
ところが、よく話を聞いてみれば開催場所は鶴橋だとか。

「つ、つるはし~!? 一体どこで?」「鶴橋言うたら焼肉やんかあ~。ワインにもあうでえ。」
いくら自身の地元だとはいえ、あの場所にイタリアからワインの生産者を呼んでワイン会をやるなんて、、、恐ろしいお人だんなあ、、、

でも、これがまた良かったのよ。トスカーナのワインですからお肉に合わないはずはないし、しかも炭火での焼肉ですからねえ。
いやあ、参りました。ただ、西野さんがここまでの成功を読んでいたのかどうかは、、、本人もわかっていたのだろうか?

◎JR鶴橋駅から少し離れた万正(まんまさ)さんです。付近の路地は濃~いコリアタウンですね。
150608c 003

◎急な狭い階段を上がって二階へ。西野さんってこういうシチュエーションが好きなんですなあ。←サンタ・ルチアの階段もスゴイよね。
150608c 128

◎西野さんのワイン会では少し早く集合することをおすすめします。なぜなら、彼自身が辛抱たまらんようになってワインを開けてくれるから。
 今日はこんな泡やね。他の連中が来る前に全部飲んだろ。
150608c 006

◎今回の生産者はトスカーナのポデーレ ポッジョ・スカレッティからユーリ・フィオーレ氏が参加してくれました。
 さあ、彼のカンパイで開宴です。
150608c 026

◎万正さんからは一応コース仕立てで前菜、つまみ、焼き物と出していただきます。
 鶴橋を知り尽くした西野さんの選んだ店だけのことはあるよねえ。どれも素晴らしく美味しいです。
150608c 025

150608c 028

150608c 033

150608c 041

150608c 044

150608c 054

150608c 072

◎もちろん焼き台は炭火。ユーリも興味津々です。
150608c 043

◎ワインは泡モノからキャンティ・クラシコの5ビンテージの垂直、、、そしてフラッグシップのイル・カルボナイオーネへ。
 キャンティは私的には古いもののほうが圧倒的に好き。今飲むのは2009でしょうね。
150608c 039

150608c 053

150608c 060

150608c 087

150608c 082

150608c 095

150608c 102

150608c 104

◎ワインは連続して開けられましたから、かえって後からじっくり飲み比べができました。
 この生産者をモトックスさんに紹介している林さんも通訳を兼ねながら興味ある話をたくさん聞かせてくれましたよ。

 それにしても、みんな膝を崩して腰を落ち着けるのって、、、案外良いもんですねえ。
150608c 108

◎周りのテーブルも雰囲気はまるで新歓コンパ。
150608c 109

◎多分ユーリもびっくりしたんじゃあないかと思うけど、これに懲りずにまた来てね。
 ちなみに隣の彼女は西野さんの一人娘の藍ちゃん。
150608c 122

◎アンタを「オトウサン!!」と呼ぶ日が来るのは、、、もうすぐやね。
150608c 125
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2600-cd0eea5e

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad