まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ニコライホーフ ワインメーカーズディナー@チェンチ -オーストリアワイン初体験-

最初にワイングロッサリーのまさきこさんからお誘いを頂いた時にはちょっと躊躇したんですよ。
だって、オーストリアのワインなんて飲んだことがなかったし、、、

しかも、赤ワインは無くて全てが白ワインだとか。ドイツ系の甘ったるい味なら、、、どうしましょう?
更に、心配する私に追い打ちを掛けるようにビオディナミなんだそうです。月の満ち欠けや水牛の角ねえ、、、

でも、私もここまで好き勝手に生きて来られたし、今回で死んでしまうようなことがあっても、まあ人生には満足かなあ?
そんなことを考えながら会場のチェンチに向かいました。

坂本シェフはこの日も絶好調。相変わらずのキレの良い料理の数々をニコライホーフのワインに合わせてくれました。
ただ、本人曰く「結構苦労しました。」だったそうですが、、、、

さて、初体験だったニコライホーフのワインたちですが、嫌な意味でのビオディナミ臭もなく、非常に素直に葡萄からワインへの転換を進めていると感じました。
また、少しオールドのリースリングの味わいの厚さはさすがですね。これはちょっと勉強しなおさねば、、、

◎自宅から歩いて5分。しかも毎日前を通っているので親しみすぎているお店です。
150611c 002

150611c 001

◎今回はホールのテーブルに着席。こうやって見上げると天井が高くて開放感がありますねえ。
150611c 044

◎最初にまさきこさんの進行で坂本シェフのご挨拶から。
150611c 015

◎次に、オーストリアから来られた当主のサース夫人のワイナリーの紹介。通訳をしていただいたのはサース夫人の古くからのご友人のおぐま女史。
150611c 023

◎さあ、開宴です。
150611c 007

◎私の席はサース夫人の真正面。おかげで色々な話を直接聞くことができました。
150611c 046

◎出されたワインのリストです。
150611c 009

◎いただいたのはこんな5本。それぞれ個性があって違うカラーを持っているのが面白い。
150611c 100

◎対する料理のメニューはこんな。相変わらず、メニューに書かれているのは食材のみですが、、、
150611c 010

◎そんなお料理は写真館でどうぞ。なかなか坂本シェフの苦労が見えますね。
150611c 024

150611c 029

150611c 031

150611c 035

150611c 050

150611c 055

150611c 062

150611c 071

150611c 073

150611c 080

150611c 085

150611c 092

◎坂本シェフはいつもの定位置から各テーブルの進行具合をチェック。そう言う意味からも、このレストランのテーブル配置が絶妙なのがわかります。
150611c 060

◎長旅で少々お疲れ気味でしたが、最後までにこやかに接してくださいました。
 またお会いできる時までお元気で。
150611c 099
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2609-63fecd8f

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad