まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

チェレット社ワインメーカーズディナー@イル・ギオットーネ -笹島ワールド、ますますパワーアップ-

ワイングロッサリーのまさきこさんからお誘いを頂いたので、イタリア、ピエモンテのワイン生産者チェレットのメーカーズディナーにトコトコでかけてまいりました。
場所は八坂の五重塔の横にある”イル・ギオットーネ”。もう説明もいらないでしょうけれど、笹島くんのお店です。

以前にこのお店で厨房を預かっていた坂本くんが独立して”チェンチ”を開いたりして、一時期はパワーダウンの噂も流れてきていたこのお店ですから、正直言ってドアを開けた時からちょっとドキドキ。
でも、満面の笑みで迎えてくれた笹島くんを一目見た瞬間にそんな心配は霧散。

私が期待したとおり、、、いやいや、遥かに期待を飛び越えたお料理の数々に「おおっ! 笹島ワールドはまた次のステージに登ったなあ!」と感激すら覚えました。
やっぱり、、、持ってるものが違うんでしょうね、、、彼は、、、

ワイン会ですから本来はワイン中心の記事にしなければいけないんですけれど、遠路はるばるやって来てくれたフェデリコには悪いんだけれど、私の興味の半分以上は笹島くんのお皿に向いてしまっていました。
ただ、当然ながら私の好きな銘柄であるチェレットのワインたちはどれも素晴らしいし(私的にはまだまだ若いんだけれど)、フェデリコが「白ワインに関しては、私たちはアルザスでは無くドイツワインに注目しています。」と言った言葉が記憶に残りました。
確かに、今回飲ませてもらった”アルバレイ2009”は「ピエモンテでこれかよ!?」と思うくらい爽やかなワインでした。これは日本料理にも合うなあ。

それにしても、いつもいつもこんな機会を与えてくださるまさきこさんには感謝の念が絶えません。
また次回も、、、よろしくね。

◎ライトアップされた八坂の五重塔を目指してトコトコと歩きで。こんな散歩が心地よい気候になりましたね。
150908c 005

◎その塔に寄り添うように”イル・ギオットーネ”はあるのです。
150908c 012

◎本日の主役はチェレットのワインたち、、、のはずが、私個人的には笹島くんに興味が集中。
 仕方ないよねえ。これまでの長い付き合いなんだから。
150908c 016

◎さあ、そろそろ開宴のようです。
150908c 027

◎フェデリコのいきなりのカンパイでスタートです。
 彼は輸出担当の責任者で、現在のワイナリーの経営は彼らの同世代の人達が行っているんだとか。親族経営なんやね。
150908c 020

◎次に、笹島くんの挨拶。この時の自信満々の顔つきを観て、私の胃袋は期待感で満杯です。
150908c 028

◎いつも、まさきこさんは私の席を生産者の近くにアレンジして下さいます。
 今回はまさきこさんの向かいでフェデリコの斜め前。おかげで色々と裏話を聞き出せますわ。
150908c 033

◎それでは、チェレット社の5種類のワインを。
 私の頭に一番残ったのが2番めの白ワイン”アルバレイ2009” 非常にきれいな酒質です。日本酒で例えれば”上善如水”のような。日本料理に合うと思いました。
 チェレットの赤ワインは、私的にはおなじみさん。フェデリコにこの前に飲んだブルナーテの1999の話をしたら「難しい年やったんやでえ。生産本数もすごく少なかったから、ようそんなワイン持ってたなあ。」と感心されてしまいました。
150908c 015

150908c 084

150908c 080

150908c 057

150908c 069

150908c 085


◎笹島くんのお料理は写真館でどうぞ。彼のメニューは読めば内容がわかるように親切なものですから、お皿の写真とメニューを見比べていただければありがたいです。
 一言で言えば、彼のお皿には必ずひとつの驚きがありますね。それこそが”笹島ワールド”なんですが、、、
150908c 025

150908c 047

150908c 034

150908c 042

150908c 050

150908c 054

150908c 059

150908c 064

150908c 070

150908c 072

150908c 077

150908c 090

150908c 093

150908c 100

150908c 102

◎フェデリコも笹島くんの料理に感激して握手を求めていました。さらに、二人で何かコソコソと密談も。
 これは近い将来、何かあるかもしれませんね。
150908c 107

◎フェデリコ、笹島夫妻、そして私で記念撮影。
 フェデリコも非常に忙しいタイムスケジュールでお疲れだったでしょうが、笑顔を絶やさず面白い話をたくさん聞かせてくれました。
 次回にアルバへ行った時には、ピアッツア・ドゥオモでクリッパ君のランチでもご一緒しましょうかね。
150908c 106

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2642-98603b50

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad