まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

おだしと小麦 一三〇 -この独特な存在感-

最近では”優しいらあめん”というものに目覚めた私。
この歳になったら脂ギトギト系は口を通りません。

でも、このお店はそんならあめんとも違った独自の道を歩んでいますね。
今月の中旬まで長期の閉店をしていたので「あれっ?山元麺蔵のような悩みが生まれたのかな?」と思っていたのですが、ようやくブログでお店の再開の案内がありましたので、早速駆けつけてみました。

そして食べたのが独自の世界観を持っているおだしと小麦の麺。久しぶりでしたが「そうそう、これなんだよなあ。」と一人で納得して帰ってきたんです。
別にお店を流行らそうとも思っていないみたいだし、、、そのくせ「言いたいことは言いますよ。」のような主張は感じるし、、、

誰も口を利かない、不思議な静寂感に包まれた空間に我が身を置くっていうのが、、、なんか気持ちが良いんですよね。
禅の世界って、こういうものなんでしょうかねえ?←考えすぎなんちゃう?

◎久しぶりの訪問です。開店時間に合わせて来たのに、すでに店内はほぼ満席。なんとか滑り込みセーフでした。
150929c 076

◎今日のお出汁はあごとエソ。エソってよく釣るけど全部リリースしてました。これからは大きい奴は持って帰ってこようかなあ?
150929c 075

◎今日は少しお腹が空いているので”梅ささみごはん”も注文しちゃいました。
150929c 059

◎ここにも”ラーメン屋ではございません”とはっきり書かれていますね。こだわってますねえ。
150929c 061

◎でも、店主の彼は飄々として笑顔が可愛いんですよ。
150929c 060

◎やってきました”魚だし(生じょうゆ)の小麦そば”900円なり。
 おだしがやたらと透明感が強くて魚感満載です。おだしだけで何杯も飲めますね。
150929c 062

◎最近小麦が十勝産に変わったそうです。でも、この麺だけをすするとまさにお蕎麦屋さんの世界を感じてしまうんですよね。
 もちろん素材が違うのは十分承知のうえで、、、
150929c 068

◎こちらが”梅ささみごはん”300円なり。
 量もちょうどよい加減です。ささみにつけられた塩味がおむすび感覚にさせてくれます。

 ネギのシャキシャキ感もよろしいなあ。本当は、ここでビールを飲みたいんやけどなあ。←アルコールはご法度です。
150929c 074
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2652-878ba4a0

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad