まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ハイボール・バー 京都1923 -待ち合わせには最適です-

怖~いオネエサマから突然の呼び出し。なんとか避けようと努力はしたのですが逃げきれず、待ち合わせに指定されたお店へトボトボと、、、

そこは四条木屋町の近く、すき家のあるビルの地下にある”ハイボール・バー 京都1923”。
オネエサマのお歳にしては若者向けのこんなお店をよく知っていますねえ。

最初、私は勘違いをしていたのですが、ここは別にサントリーばっかしのバーではなかったんですね。
どんな銘柄のウイスキーでもハイボールを作ってくれるようです。

この日は平日の午後6時半だったのですが、店内はそれほど混んでいませんでした。
でも、私が一番感心したのはこの立地。ここからなら、祇園、先斗町、宮川町などの花街へはすぐに行けます。

私もこれからはちょくちょく使わせていただくことにいたしましょう。

◎初めてでしたが、すぐに分かりました。ビル地下だと言っても、こんなにオープンで入りやすいんです。
151008c 026

◎名前が”京都1923”という一風かわったもの。私はサントリーのアンテナショップだと勘違いしていましたよ。
151008c 027

◎店内は思ったよりも奥に長くて広いですね。
151008c 025

◎ウイスキーも各種そろっていました。私がよくお世話になるバーのF店長がクソミソに言う”知多”もありましたよ。
151008c 021

◎カウンターで合流後、オーダーしたのは”角ハイ”。ただし、以前の失敗に懲りて、最初からダブルで。
 まあ、これくらいの色なら許す。

 そもそも、私がハイボールを飲み始めたのはバー・K6から。その後はバー・ケラーなどの西田ファミリーのお店で飲んでいるわけですが、そこのハイボールの濃さとそれ以外のお店との差が極めて激しいんです。
 他店のはまるで水のように感じてしまいますから。

 最近ではコンビニでもハイボール缶を売っていますが、それのほうがよっぽど濃いと思うようなハイボールを平気で出してくるお店があるんですよねえ。
 腹立つじゃあないですか!!←なにを興奮してんねん
151008c 008

◎突き出しにはこんなオリーブを出してもらってオネエサマの日頃の溜まりに溜まった愚痴を拝聴いたします。
 オレって、ストレスのはけ口のようなものなのね。
151008c 011

◎適当に相槌を打ちながら二杯目を。こっちのほうがよく冷えていて美味しかった。
 そろそろ晩飯に行きたいなあ。
151008c 020
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2657-0baa5c92

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad