まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

おでんとお酒 MURO -こここそ、私の隠れ家?-

次にオネエサマが連れて行ってくれたのは”もつ焼きと煮込み チャブヤ本店”。
「エライ濃いところへきはるんでんなあ!」と感心していたら、お店を突き抜けて奥へ。そして階段を上がります。

京町家の典型である坪庭を下に見ながらたどり着いたのは蔵のような建物。多分、”ような”ではなく、蔵そのものだと思います。
その中はカウンターが10席位のおでんバーになっていたのです。これには私、、、ビックリ!です。

しかも、そこを一人で切り盛りしているのが、笑顔が可愛いおねえちゃんやったもんやから二度ビックリ!
なんか癒されるわあ。

だって、それまでずっと怖~いオネエサマのいぶし銀のように苦みばしった顔ばっかり見ていたもんですから、、、
彼女こそ、私を地獄から天国へと救いだしてくれる天使のように見えたのですよ。

それにしても、この狭い空間でおでんの鍋を囲んでお酒を飲むのってエエですねえ。
私は一度でこの店の大ファンになってしまいましたよ。

イメージとしてはねえ、、、楽しい時に来る店じゃあ無いね。

何か悲しいことがあった夜に、たった一人で、この暗い、狭い空間の中で孤独を噛み締めながらおでんをつつき、酒を飲む、、、
そして、可愛い彼女の笑顔に慰められる、、、、

ああ、なんかそんな自分自身に憧れてしまいますわ。←アンタも、だいぶ変態やね

◎なかなかの煙が店外にまで広がってくるチャブヤさん。でも、その奥にはビックリする空間が、、、
151008c 090

◎二階へ上がって奥にあるのがこんなお店。店の中に別の店があるんですね。
151008c 085

◎そこは小さなおでんバー。一人で何でもこなす可愛い彼女の笑顔がエエですねえ。
151008c 032

◎まずは一口ビールから。初めての店では必ずこれで雰囲気を読むことにしています。
151008c 028

◎突き出しが出される頃には、今夜の作戦は出来上がっているという算段です。
151008c 033

151008c 034

◎お酒の種類はかなりあるようですね。
151008c 036

◎その中から私が選んだのは”無一物”。壱岐は麦焼酎発祥の地なんだそうです。知らなかった。
 それを樫樽で5年熟成させたのだとか。

 ロックで飲んでみましたが、樽感はあまり感じず。素直な麦の香りがする良い焼酎です。
151008c 051

◎さあ、おでんです。壁には種がずらりとありますねえ。
151008c 055

◎こちらは”本日のおすすめおでん”
151008c 056

◎そんな中から定番を中心にこんなものを頂きました。お出汁はあくまでも優しく素材の味を壊しませんね。
151008c 040

151008c 079

151008c 062

151008c 068

151008c 076

◎ちょっと面白そうなので”チーズ味噌漬け”も。これはウイスキーでやりたいですね。
151008c 074
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2658-1dfe95ed

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad