まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

そばと酒 樹庵(きあん) -また、蕎麦打ちを再開したくなっちゃった-

本日は、以前から気になっていたおそばのお店へ。お店の前を通るたびに、何かが私を引っ張るんですよね。
場所は、四条壬生川を南へ。京福の線路を渡ったすぐのところにあります。

お店に入ってまず驚いたのは、ずらりと日本酒の一升瓶が並んでいたこと。
「あれっ?居酒屋と間違えたのかな?」

そして、店主と話をしていて感じたことは、私に蕎麦打ちを教えてくれた師匠と雰囲気がものすごく似ていること。
師匠は今は北海道にいますが、宇治でお店をやっている頃はお店の内装も全部自分で仕上げていたんですよ。

その匂いがこの店の店主にもするんです。かなりの偏屈やね、、、この人は、、、←あくまでも個人の感想です
でも、話しこむうちに昔を思い出してきて、また蕎麦を打ちたくなっちゃった。師匠の顔も見たくなったし、、、

これ以上趣味を増やしたら身体が保たへんのやけど、、、久しぶりにやってみようかなあ?

◎自宅からフェラーリで約30分。小さなお店です。
 でも、この”酒”と言う文字に心が踊りますね。
151101c 105

◎店内には日本酒がずらり。しかも純米酒だけ。
 聞いてみれば、店主は日本酒が好きだから蕎麦屋を始めたんだそうです。まあ、日本酒をやるのに蕎麦は合うからねえ。
151101c 077

◎でも、蕎麦にも手を抜いている雰囲気無し。ちゃんと産地の案内もありますし、しかも、打つ蕎麦は全て10割なんですと!!
151101c 079

◎まずは酒のあてを。”揚げだしそば豆腐”600円なり。
151101c 062

◎そばがきと似た食感ですが、それよりも少し柔らかいね。蕎麦の香りも立っていてホクホクと温かいです。
151101c 071

◎お酒は店主に一任。今日の気分は”七本槍”だそうです。確かに辛口で旨口ですな。
151101c 075

◎次に私は”辛味おろしそば”を。1000円なり。
 ルックスは越前そばです。大根があまり辛くないので聞いてみると、客から「あんまり辛せんといて。」と言われたんだとか。
 私としてはそんな声は無視していただきたい。
151101c 085

◎蕎麦は細切り。10割でよくここまでできるものです。私は絶対にムリ。
 香りはややおとなしめ。でも、喉越しがすごくなめらかですね。
151101c 089

◎蕎麦湯はドロドロ系です。
151101c 092

◎調子に乗って”かけそば”も。850円なり。このシンプルさが良いのです。
151101c 097

◎まさにお蕎麦との正面対決。お出汁もしょう油が強くなくて私好みです。
 これからの寒い時期には温かいお蕎麦が合っているように思いますね。
151101c 098

◎よく見れば、電球のフードは百均で売っているボウルを加工したもの。やはり店主の手作りだそうです。
 お店は11:30から22:30までの通し営業だそうですが、大抵は夕方で蕎麦が切れてしまうそう。

 「本当はやりたくないんだけど、、、」と店主が言うランチ営業が終わった14時以降は酒飲みの客比率がドンと上がるそうで、今度はその時間に来てみたいものですね。
151101c 091
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2681-76720f38

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad