まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

オステリア オギノ -焼き肉ストVS変態系ワイン-

市内に用事で自転車で走り回ったあと、帰り道の丁度良い場所にある”オステリア オギノ”さん。
結構疲れて喉の乾いた頃に、お店の看板が見えてくるという立地なんですよ。

今日も今日とて、そんなお店の灯りに引き込まれるように店内へ。
”この世の中には何の心配もございません”というような満面の笑みで、荻野シェフが迎えてくれます。

季節柄「寒くなったよねえ。」なんてありきたりの挨拶を交わしたあと、溢れんばかりに料理名が書かれたメニューを観察します。
ココで注意しなければいけないことは、それぞれのお皿のポーションが呆れるくらいに大きいということ。

ですから、私はいつも「ハーフでおねがいします。」ということにしているんですよ。
でも、、、それでもかなり頑張って食べなければならないんですけどね。

◎う~ん、どれを頼もうかなあ? この悩む時間が楽しかったりするんですけどね。
151119c 427

◎”おすすめの前菜盛り合わせ”を一人前で。こういった無理を聞いてくれるから好きです。
 お皿は、まるでマチスの絵のようにきれい。でも、これでも充分な量ですねえ。
151119c 428

◎ココでワインを選んでもらうのですが、彼が持ちだしたのは、、、、おおっ!!変態系やんか!!
 ポイエル・エ・サンドリのノジオーラです。アルト・アディジェって変な生産者が多いからなあ。

 ノジオーラとはぶどう品種のこと。土着葡萄だということですが、口に残る苦味が特徴ですね。
 白ワインって、普通は爽やか系が多いものなんですけど、このワインは180度真逆の方向性です。
 でも、ハマっちゃうと抜け出せなくなるんですよ。
151119c 433

◎白ワインの口直しに赤ワインって、、、なんかおかしいよなあ。でも、次行ってみましょう。
 ラ・ストッパのストッパです。なんか下痢止めの薬の名前と一緒やん。

 IGTエミリアって知らなかったのですが、このワインはカベルネとメルローから作られているようです。
 全然イタリアっぽくないのが意外でしたが、、、
151119c 437

◎さて、パスタです。”鯖ときのこ、フレッシュトマトのバベッティーネ”
 私、パスタの中でもリングイネのように楕円形のパスタが好きなんですよ。湯がく時間も短めですからね。

 バベッティーネはリングイネの弟分のような存在です。少し細いんですよ。
 そして、ソースにもよく絡むし、このお皿でもエエ仕事してますわ。もちろん、茹で加減もバッチグーです。
151119c 440

◎荻野さんの前からお肉を食べずに姿を消すことは許されません。なんと言っても焼き肉ストですからね。
 今日は”タンドリーラムのグリル”を。
151119c 443

◎この火の入れ具合、、、いかがですか? ホントにお上手ですわ。←オイオイ、相手はプロやぞ
 羊肉って一番焼き加減が難しいですよね。固さも味も火加減でどんどん変化していきますから。

 もちろん! 素晴らしいお味でした。 赤ワインとの相性も言うことなしです。
151119c 447

◎このお店を出るときはいつも満腹。ああ、明日からはもっと泳いで、今日取り込んだ分を絞り出さなくっちゃあ。
151119c 449
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2688-883d3308

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad