まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

謹賀新年 2016 -元旦から食材を求めて-

皆様、あけましておめでとうございます。今年もこのブログをよろしくお願い致します。

さて、去年の正月はフィリピンのセブ島で迎えたわけですが、その旅行が家族から大ブーイングされたために今年は自宅で。
その代わりと言ってはなんですが、元旦は朝から日本海に浮かんで海の食材調達に行ってきました。

狙いは”真鱈” 鍋はもちろんのこと、オスの白子は私の大好物なんですよ。

ところが、簡単だと思っていた真鱈ですが全く釣れず。日は西に傾きだしても反応がないので大焦り。
最後の最後で一匹釣れたのでホッとしたのですが、今年のラッキーを全部使い果たしたほど疲れました。

幸いなことに、その一匹はオスでしたので、念願の白子もゲット。
家に持ち帰ってさっそくいただきましたが、やはり新鮮さが違いますねえ。

こんな新年の迎え方ではありましたが、果たしてこのあとはどうなることやら?
また、無事に大晦日を迎えられるように”細く、長く”この一年を過ごしていこうと思います。

チャレンジ精神だけは今だに現役ですので、新しいことにも挑戦していこうとは思っております。

◎前夜の波が残っていたので、初日の出を洋上で迎えることはできませんでした。
 港の釣り船の上からご来光です。
160106p 068

◎最後の最後で、なんとか一匹キャッチ。大晦日のお酒が残っていたので楽をしようと電動リールを使ったのですが、どうやら真鱈ちゃんのお好みのシャクリができなかったようです。
 次回からは通常のタックルに戻します。
o0540096013528968190[1]

◎自宅へ持ち帰ってさっそく腹を開けてみれば、、、あるある!白子がパンパンです!
160106c 083

◎この魚の美味しいところは、こんなアラや、、、
160106c 093

◎臓物ですね。青森の郷土料理の”じゃっぱ汁”を作りましょう。
160106c 094

◎もちろん、白身は鍋やフライに変身する予定です。
160106c 089

◎ほぼ12時間も船の上だったので疲れました。今年の初シャンパンはポメリーを。
 我が家の防空壕セラーでの6年熟成です。泡はもう飛んでしまっていますが、イースト感がドンと強く感じられてワタシ好み。
 イタリア産のキャビアにもよく合いますね。
160106c 103

◎さっそく白子をポン酢、もみじおろしで。自分で釣っただけに満足感はひとしおです。
160106c 097

◎じゃっぱ汁も出来上がりました。肝の脂が溶け込んで、空前絶後の美味しさです。
 「鱈はどこも捨てるところがない。」と言いますが、全くそのとおりですね。
160107c 003
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2702-90f108a0

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad