まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

スルメイカフィッシング@尾鷲 -アジ釣りのはずだったんだけど、、、-

年が明けてからの日本海は海況が悪く、とても釣りができそうな状況ではないので、三連休の一日は三重県、尾鷲の真祐丸へ。
嵐まるの大将に紹介してもらった岡船長と北村さんが乗っている釣り船です。

予約カレンダーを見たら”アジング”とのことだったのでルアーでアジを釣る用意をしていざ、出発。
京都からは新名神、紀勢道と高速で直結されているので至極楽ちん。2時間もかかりませんね。

ところが、港で同船する人の用意を見てみるとどうも様子がおかしい。
とてもアジを釣る用意とは考えられないイカ釣り用のエギがロッドの先にぶら下がっています。

「あの~、今日はアジ釣りですよね?」
「そうですよ。でも、アジがかなり厳しいのでイカ釣りに変更になるかも?」
「ええ~!? そんな用意、持ってきてへんがな!」

しかたがないので、道具箱の底のほうをガサゴソと探してみれば、何年か前に使っていた錆びついた針がついたままの小型のエギを発見。
大急ぎで針を研ぎ直してなんとかなりました。

実際には、やはりアジはかなり厳しいものがありました、、と言うよりは、アジがいる海底にルアーを落としていると、中層にいるスルメイカがそのルアーをかじってしまうのです。
そんなことが数回続くと、とうとう我慢ができなくなって「エ~イ!邪魔なイカを退治してやる~!!」となってしまいました。

そんなイカは飽きない程度に釣れてくれたのですが、肝心のアジ釣りを途中からすっかり忘れてしまったのでは本来の目的である”美味しい尾鷲のアジを食べる。”ことは全然できませんでした。
これはリベンジしなければいけませんねえ。

◎正月飾りのついた真祐丸に乗り込んで夕方の尾鷲湾に出船です。
160114p 002

◎イカ釣りの灯りをつけてしばらく経つと、どこからかカモメの大群が。灯りに引き寄せられた小魚を食べるためです。
 このカモメが釣り開始の合図のようなものですね。
160114p 020

◎まあまあ良型のスルメイカが釣れました。でも、肝心のアジは、、、
160114p 025

◎釣ったイカはカーヴ・ド・Kに持ち込んでシェフに料理をしてもらったんですが、これがそんな二品。
 プロの手にかかるとこんなにきれいに、美味しそうになるんだなあ。(実際にすごく美味しかったんですけどね)
160114c 039

160114c 043
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2705-f4345d47

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad