まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

おだしと小麦 一三〇 -やっぱり、どこにもない味ですな-

少し時間が空いた休日(と言うか、二日酔いで遅く起きた朝)、いつもの日課のチャリンコ彷徨を開始。
自然と足が向かうのは北白川方面です。

冬の銀閣寺周辺って、なかなか良いですよ。人影もまばらな哲学の道は好きだなあ。
残念ながら、俗人の私では高尚な思考などはできませんが、、、、

そのままどんどん北へ。気がつけば天下一品本店の前。もちろん、ここへは突入せずに右に曲がってヘンクツ店主(自分で言ってるんですよ)の店へ。
”おだしと小麦 一三〇”です。

このお店の味を「自然な、、」とか「身体に優しい、、」とか書いたことがあるけれど、今回はどうもそれとも違うような気がしました。
あくまでも、この店主の勝手気ままなんですね。決して客に好かれようとしていない意志の強さを感じました。

もちろん好き嫌いははっきりすると思うけど、それはこちらの勝手気ままで良いのではないでしょうか?
そんな関係ですね、、このお店とは、、、

◎開店直後に到着したのに、すでに先客が、、、
160130c 085

◎今回は何にしようかなあ??? よし!アレとアレね。
160130c 065

◎お茶を自分で入れて待つことしばし、、、
160130c 063

◎”天然昆布だし(まぐろ節をのせて)”の登場です。1000円なり。
 澄んだお出汁に、焼き人参、青大根、もずくのトッピング。ビジュアルもきれいですなあ。
160130c 068

◎お出汁の昆布はそれほど強くなく、あっさり。麺はいつもの小麦の香りが強い平打ち麺。けっこうな固茹でです。
160130c 073

◎「途中からまぐろ節を入れてお召し上がりください。」との事だったのでそのとおりに。
160130c 075

◎鰹節と違って、まぐろ節って優しいんですねえ。ガツンと来るような味の変化は起きませんでした。
160130c 077

◎店主が大きなゆで豚を切り始めたと思ったら、、、
160130c 066

◎”炙り豚トロごはん(数量限定)”が着丼!!300円なり。
 最初の一口目は美味しかったんだけど、だんだん豚の強烈な脂で口の中がネバネバしてきて、、、
 豚の脂って、もっとアッサリしたものだと思ったんだけどなあ。これは思っていたものとは違う味でしたね。
160130c 083
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2715-f787db2b

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad