まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

手打ちそば処 みな川 -おそばの基本はここに還る-

中華料理に疲れたから、、、と言うわけでもないのですが、一度口をリセットしたいと思った時には、どうしてもこのお店に行きたくなります。
私にとっての”おそばの基本”と言うべきなのかなあ? 麻雀での”安全牌”と言うべきなのかなあ?

今回も”味がさね”と言う三種のお蕎麦を食べ比べることができるセットにしたのですが、やっぱり満足しました。
大げさに言えば、日本人に生まれた喜びのようなものを感じましたから。

◎中国から帰ってくる機内で、すでに「明日の昼食はここだ!」と決めていたんですよ。
160216c 147

◎開店と同時にお店に突入です。当然ながら、店内には誰もいませんわな。
160216c 115

◎おそばを注文して、とりあえずは”へんくつ”と言う滋賀の酒を冷で。
 ”健康指向酒”だということですが、、、どこが??? 美味しいですけどね。
160216c 114

◎さて、最初は”そばの白和え”から。お酒はいつの間にか盛岡の”あさ開”に替わっています。
 東北のお酒らしいおおらかな甘みが広がってきますねえ。
160216c 117

◎そばを白和えで食べるのも一興ですな。酒の肴としても充分吊り合ってます。
 山葵をちょっと利かせたいけど、、、
160216c 121

◎追加で”丹波産とろろ芋”も頼んでみました。モチロン、そばのつけ出汁としてですよ。
160216c 126

◎そして、最初のせいろが登場。
160216c 129

◎”定番せいろそば(九割)”です。時期的にも香りは弱いのですが、ピシっと冷たく締められたおそばの緊張感が噛み締めごたえを生んでいますね。
160216c 131

◎続いて”あらびきせいろそば(十割)”。当然ながら色も黒く、荒々しいルックスです。こちらは香りも立ってきて男っぽさ満点ですね。
160216c 139

◎そば湯も二種類のつけ出汁で楽しめるのが嬉しいですねえ。
160216c 143

160216c 145

◎別段、なにか特別なことをしているような事も感じず、ただ、本来のそばのあるべき姿を実直に追いかけているお店だと思うんです。
 それだけに、ヘンな方向に振れることもなく、いつ来ても安心しておそばを楽しめる、、、ずっとこのままでいて欲しいんですよね。
160216c 149
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2730-5dd1d1e7

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad