まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

聖護院 嵐まる -出張帰りの夜-

ある冬の夜、遅い時間に京都駅に帰ってきたのですが、晩ごはんはどうしようかなあ?
予定よりかなり遅れたので自宅に食べ物が残っている確率は限りなく低い、、、

色々迷った挙句に「嵐まるさんに行くかあ。」という気持ちになったので、タクシーに乗り込んで熊野神社の交差点まで。
疲れているときは、あんまり新店開拓のような冒険心は湧き上がってこないものですね。

お店では、大将と相談しながらオススメの魚をチョイス。ああ、やっぱり安心で安全な晩ごはんを堪能できました。
これで明日も、元気回復して、お仕事を頑張りましょう。

◎この日も寒い夜でした。
160219c 156

◎でも、いつものコイツをグビッとやらないわけにはいきません。
160219c 157

◎つき出し三種盛りをつつきながら、今夜の作戦を考えます。
160219c 162

◎一番手は”生牡蠣(鳥羽)桃こまち”。
 濃厚、、というよりはさわやかさを感じる優しい味わいですね。
160219c 164

◎二番手は”のどぐろ炙り”。
 お頭もつけてもらいました。今や立派な高級魚。釣りたい魚の一つです。
160219c 171

◎そろそろシーズンが始まる”ホタルイカ酢味噌”が三番手。
 これを見ると「もうすぐ春ブリのジギングが始まるなあ。」と思ってしまいます。
160219c 186

◎今日のお酒は小さな”澤屋 まつもと”。
 いつもと雰囲気が変わって美味しいような気がします。
160219c 180

◎ここからは焼き物にチェンジ。四番手は”ふぐの白子焼き”
 絶対口を火傷するんですけど、そんな危険を犯してでも食べたくなる味なんです。
160219c 178

◎続いて”甘鯛(ぐじ)の塩焼き”が五番手です。
 かなり大ぶりの身でしたが、ホクホクの白身の塩気が良いですねえ。やっぱり焼き魚では五本指に入ると思うんですけど、どうですか?
160219c 189

◎そして〆にはメニューにはない”わかさぎ天ぷら丼”。
 大将が苦笑しながら作ってくれましたが、わかさぎのほろ苦さとタレの甘さが良い組み合わさり方なんですよ。
 ぜひ、定番メニューに昇格させてあげていただきたいと心から思いますね。
160219c 196
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2731-2e86e918

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad