まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

八戸屋台村 みろく横丁 -若者たちに元気をもらいました-

えんぶりを楽しんだあとは、とっととそのお店を退散。生ビール一杯でむちゃくちゃ楽しませてもらいました。
そして、もともと支社長様が私を連れて行きたかった”八戸屋台村 みろく横丁”に到着です。

もう結構夜も更けて、寒さもだんだんと骨身にしみる頃になったので、支社長様の行きつけの屋台へレッツゴー!!
そこには、肝っ玉かあさんと、そのきっぷの良さを慕う若者たちが集っていて、まあ楽しいこと、楽しいこと。

私も、自分の息子より若い世代の人たちと酒を飲み交わすことなんてしたことがなかったのですが、みんなの底抜けの明るさに少しは年が若返ったみたいな気分になれました。
いやあ、こんな人達を見ていると、日本て国はまだまだ捨てたもんじゃあありませんねえ。今年は、日本再発見の年にしようかなあ?

◎どこをどう歩いたのか知りませんが、支社長様が来たかったのはここのようです。
160219c 115

◎狭い通りを挟んで小さな屋台が並んでいます。お祭りだからなのか、人出はかなりのものです。どの屋台もほぼ満席。
160219c 120

◎どうやら、ここが目的の屋台のようです。おおっ!ここも満席ちゃうの?
160219c 121

◎みんなが席を詰めてくれたのでなんとかOK。落ち着いてから周りを見渡してみてびっくりしたのはその客層の若さ。聞けば、ここの女将さんをお母さんやと思うているみたい。
160219c 131

◎お腹はふくれていたので、焼酎と漬物なんかを頼んでみました。
160219c 125

◎すると「八戸名物のせんべい汁って知ってるけ?」「えっ!? せんべいを炊くの?」「まあ、食べてみれ。」
 てなことで食べてみました”せんべい汁”。せんべいというよりは、ちょっと硬いお麩のようなものですね。
160219c 135

◎私も周りの賑やかさにだんだんと打ち解けてきて地元のお酒にチェンジ。陸奥八仙の純米酒です。
 飲んだ最初の印象は「水がきれいやなあ。」雪解け水がそのままお酒になったかのようです。
160219c 138

◎最後はお店の全員と角ハイボールでカンパ~イ!! こんなに気持ちの良い酔い方ができたのも周りのみんなのお陰です。
 感謝!!
160219c 133
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2737-01286146

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad