まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

高島町 パラディゾ -こんなところに本格イタリアン-

昼間は暖かくなってきたので、そろそろ本格的に春の活動の準備をしなくてはいけませんね。
そんなことで、週末は小浜に置いているマイボートのメンテナンスに。

実は、この冬の間に”オートパイロット”なる新兵器を装備したのですが、これがまた便利なんですよ。
一言で言えば、GPS上で指定した場所へ勝手に走って行ってくれる、、というものですが、詳しいことはまた実際に使用した時にブログアップしますね。

さて、そんなことで小浜で一汗かいた後の帰り道。いつものように鯖街道を京都へ。
その途中なんですが、以前から気になっていたお店へちょっと寄り道。のどが渇いていたもんでね。

そのお店とは”パラディゾ”。ちょうど、堀場製作所さんの研修施設の真ん前。鯖寿司で有名な”栃生梅竹”さんの横にある小さなログハウス風のお店です。
イタリア国旗が掲げられているので「ハハ~ン、イタリアンやろなあ。でも、こんな田舎で???」なんて思っていたのですよ。

ちょうど中途半端な時間帯だったので、店内にお客さんは皆無。その雰囲気で「あれっ!? ハズしたかも?」と、一瞬は緊張したのですが、出迎えてくれたマダムの楽しいおしゃべりや、後から顔を出してくれたマスターの朗らかな笑顔を見て「こりゃあ、大当たりやんかあ!」と認識を改めました。

しかも、メニューには地元朽木のジビエを使った料理もあるし、おみやげ用の自家製スモークも。
こんなお店を今まで知らなかったなんて、、、今までにどれだけ鯖街道を行き来したかわからないほどなのに、、、

マスターはその夜から行く北陸方面への釣行でそわそわしてはりましたが、ここにも釣り好きを発見して嬉しいなあ。
次回はできれば夜に、、、しかも運転手付きで来なければいけませんねえ。美味しい料理は、ぜひともワインと合わせてみたいですから。

◎最初は「コーヒーショップかなあ?」としか思っていなかったんですよ。この外観ですからねえ。
160311c 046

◎でも、このメニューを見て大ビックリ!! 本格的なイタリアンのオステリアレベルの内容ですやん!!!???
160311c 020

◎直ぐに頭を切り替えて、ここで超早い晩ごはんをいただくことに決定!
 最初は”日替わりの前菜の小皿”から。でも、これは小皿ではないですね。立派な一皿です。

 内容も豊富で、これは酒を呼びますわあ。 が、、車で来ちゃったんだよねえ。仕方がないから、サン・ペレグリーノです。
160311c 023

◎スープは少しメニューとは違う内容でしたが、”地元のきのこのコンソメスープ”をマダムからのオススメで。
 それにしても、この店内も結構凝ってますよ。さり気なく置かれている小物が洒落てます。
160311c 031

◎なかなかのボリュームがあるスープです。
160311c 028

◎このきのこ、、、信州で言うところの”りこぼう”と似てるなあ。なめこっぽいヌメヌメ感があるんです。
160311c 034

◎さて、メインには”朽木産 鹿肉のラグーソースのタリアテッレ”。
160311c 037

◎フフフ、、、思わず笑っちゃうくらいの本格イタリアンです。思わず、数年前に泊まったプーリアの山奥の民宿の味を思い出してしまいましたよ。
160311c 039

◎食事も終えて、マダムとの楽しい会話もきりがないのでそろそろおしまいに。
 ふと、テーブルの上のこんなものに目が留まりました。「なにぃ~!! 燻製かいなあ!?」
160311c 044

◎私も一時期は燻製にハマっていましたねえ。自宅には、今でも当時使っていたドラム缶が転がっています。
 これは試しに買って帰らなくては、、、どれにしようかなあ???

 次回は、この燻製の印象を話題に立ち寄って見ることにいたしましょう。
 ああ、誰か、アッシー君してくれる人いませんかあ????
160311c 042
スポンサーサイト

コメント

わたしでよければ、、、

アッシー君として、運転させていただきますよ。。。
いつでも言ってください。。。。

はむのすけさん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

ええっ!? エエんですか?自分は飲めまへんで。
でも、その代わりと言ってはなんですが、美味しい自家製ベーコンをプレゼントいたします。

次回、時間が合えばご一緒いたしましょう。
お昼でも良いですもんね。

それはそうと、先日も嵐まるさんに行かれてたんですね。
大将から「昨日、はむのすけさんが来たはったよ。」と言われました。

楽しみにしております

自家製ベーコンも楽しみですね。
博多出張記を楽しく拝読しております。

安全運転で随行させていただきますので、いつでもお声がけください。

そうなんです、先日も、嵐まるさんにふらっと行っておりました。
仕事が一区切りしたときなどに、ふらっと、訪れております。
先日は、ふぐの唐揚げをほくほくいいながら食べておりましたが、これは
ビールにあいます。桜海老のかきあげも、ビールにあいますね。

はむのすけさん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

いつがエエかなあ?昼でも良いですか?
はむのすけさんのお仕事のシフトがわかりませんのでなんとも言えないのですが、週末の昼過ぎあたりにフラッとどうでしょう?

あのふぐ、大将が舞鶴で釣ったものですが、なかなか美味しいですよね。
昆布締めにはびっくりしました。トラフグっぽくなってますよ。

かしこまりました

週末の昼過ぎあたりであれば、うかがえます。

大将が釣られた、ふぐは、美味しかったです。
昆布締めにすると、とらふぐに似た味になるんですね。。。

はむのすけさん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

それでは、週末の昼過ぎということで、、、
たしか通し営業だったと思うので、ゆっくり行けますね。

またメールで、、、

「奴」@梅田 訪問

まなゆうさん、先日、梅田の食道街の「奴」に行って参りました。
びっくりするような値段設定ですね。
あの一帯は、ハシゴをするのが楽しいエリアですね。

はむのすけさん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

おおっ!! 奴、、行かれましたか?それはそれは。
ありえない価格設定とびっくりするようなボリュームですよね。

ちょっとカルチャーショックですわ。

京都にも飲み屋街はいろいろありますが、客の雰囲気も含めて、同じようなところは無いですねえ。

あの店の客でも、サッと飲んでサッと帰る客とつまみ一品でできるだけ粘る客に分かれているところが面白い。

人間観察もできて楽しいエリアですよね。

私もまた行きたくなっちゃった。

そうですね、、、

まなゆうさん、マイドです。。。。
奴は、たしかに、さっと帰る客と、大将と話したいお客さんに
分かれますね。大将は、お客さんの顔を見て、顔色悪い時には、
お酒を断るときもあるそうです(となりのお客さんにはそう話してはりました)。

お客さんのなかには、久しぶりに来たお客さんもいたみたいで、
お土産で北海道のお土産を持ってはりましたわ。

知恵の悲しみ VS あり得ない価格設定。
知恵の悲しみが勝つこともありますが、この値段でこの味、、、
ということも、やはりありますね。

はむのすけさん、、、マイドです。コメントありがとうございます。

お客の殆どは馴染みのように感じました。私は初めてだったんですが、やはり空気感が読めなくて戸惑いました。

ただ、だからといって拒否感はないし、むしろ気を使ってもらったような気もしますね。

ベロンベロンで行ったら、お酒を拒否されるかもわからないので気をつけます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2752-84fe5ec7

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad