まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

熟成肉愛 再び@オステリア オギノ -エロい香りがたまりまへん-

ある休日の夕方、市内での用事を済ませて食前酒をやりにカーヴ・ド・Kに。
そして自宅へ帰る途中で目に入ってしまったのが”オステリア オギノ”さん。

すると、別になにも考えているわけでもないのにフラフラと店内へ。そして、あるお肉に出会ってしまったんですよ。
こういうのって”まなゆうの第六感”とでも言うんでしょうかねえ? でも、よく似たことはチョクチョクあります。

それはオギノさんが勧めてくれたメインの”中勢以さんのドライエイジング豚ロースのグリル”だったのですが、これが美味いのなんのって!!
本来は淡白な香りしかしない豚肉なのに、この熟成肉から漂ってる香りは”オトナの危険な香り”そのもの!

そして、そのお肉を噛みしめれば茸や団栗が感じられるんですよ。上等なハモン・イベリコのような、、、
これには参ったなあ。

聞けば、あの餃子王子が展開している”マルシン飯店 持ち帰り餃子”の熟成肉も、オギノさんが彼に紹介したものだとか。
ああ、自宅で何度も自作しようと挑戦して、結果的に挫折してしまった熟成肉への愛情に再び火が点いてしまいましたがな!

こうなったら、まずはイチから勉強しなおしやな。そのためには中勢以さんの熟成肉の実態を確かめなくては、、、(続く)

◎まさに神様のお導きです。オステリア オギノのカウンターに座っている自分に気がついたのはしばらく経ってから。
160603c 011

◎ボーッとした意識を覚醒させるためには、、、やっぱりこれやね。
160603c 002

◎メニューはこんな。金額に対して圧倒的なボリュームなのがこのお店の特徴ですから、オギノさんに頼み込んで全てのお皿を半分量にしてもらいましょう。
160603c 003

◎最初は”おすすめ前菜盛合せ”から。この人参のシャキシャキ感が好き。
160603c 006

◎ワインはおまかせで。今日はピエモンテなんですね。
 若いネッビオーロ、、、背筋を正して飲む必要が無いカジュアルさ。
160603c 008

◎もういっちょう前菜を。”トリッパのトマト煮込み”
 モツの前処理の確かさがわかります。
160603c 013

◎そうそう、オギノさんの自家製パンはモチモチ感が半端無くて美味しいですよ。
 無理を頼み込んでお持ち帰りもゲットです。
160603c 018

◎パスタはオススメで。”鰯とフレッシュトマト、オクラのリングイネ(レモン風味)”
 鰯って美味しいですよね。人によっては「新鮮なイワシに勝る魚はない!」とまで断言する人もいるくらいです。

 それにしても、、、この量でハーフねえ、、、、
160603c 020

◎そして運命の出会いが。オギノさんから出されたのがこちら”中勢以さんのドライエイジング豚ロースのグリル”
 食べた印象はすでに前述したとおりです。

 お肉自体の滋味が凄いので、料理法は逆にシンプルなグリルが良いそうですが、全く同感です。
 ああ、、、こんなお肉を作りたいなあ、、、”くいしんぼー 山中”さんで封印されてしまっていた熟成肉へのあこがれがメラメラと復活です!!
160603c 023

◎かなり長い時間をオギノさんと話し込んでいたので外に出たらお店の灯りはすでに消されていました。
 でも、そう間を置かずに再訪予定です。さて、今度はどんな企みが????
160603c 026
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2775-4a235b97

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad