まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

聖護院 嵐まる -舞鶴を盛り上げる? 鯛カツチャーハン-

海外出張のあとは必ず駆け込む”聖護院 嵐まる”。やっぱり美味しい魚を食べたいですもんねえ。←海外には無いもんなあ
でも、今日の記事は一ヶ月以上も前の出来事です。

なにしろ訪問回数が多いので、できるだけ記事を散らそうとしてこんなことになってしまいました。
ごめんなさい。

前回の訪問記事で”海鮮チャーハン”のことを書いたと思うのですが、それが今回は”鯛カツチャーハン”に替わっていたのです。
その理由を大将に聞くと「舞鶴で釣る真鯛の美味しい食べ方を考案中なんやけど、これなんか”ご当地グルメ”にどうかなあ?」

どうやら、このメニューを舞鶴に売り込んで、舞鶴に支店の一つでも出そうかと企んでいるようです。
上手く行けば良いんですけど、、、、

◎”にんじん”と名札のついた綺麗な花が玄関を飾っている頃の訪問です。
160615c 078

◎まずはグビッと。この行為は、ごはんを食べる前に「いただきます。」と手を合わせるのと同じような意味の儀式です。
160615c 082

◎ああ、七夕の画が、、、そんな時期だったのね。
160615c 084

◎まずはお造り。”オススメ”から”岩牡蠣(舞鶴)”と”活ハモ落とし(淡路)”を。
 どちらも旬な時期に入ってきて、味の深みもエンジンがかかり始めていますねえ。
160615c 091

160615c 093

◎これは”麦汁”。ロックが好みです。
160615c 098

◎ピチピチした小鮎があったので、それを天プラで。
 大将が、そっと小鰯の天ぷらを添えてくれていました。あざっす!!
160615c 105

◎そして、これが大将が舞鶴制覇を目論む”鯛カツチャーハン”です!

 ”つかみ”としてのルックスは文句なし。巨大なカツが乗っていて、それが鯛のカツだというイリュージョン!!
 素晴らしい!! 味も、淡白な鯛の身にサラリとかかったソースが染みて美味しい。

 次の課題は、大将がどれだけの鯛を釣り上げることができるかでしょうね。頑張って釣ってや!!!!
160615c 109
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2798-686b885e

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad