まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

岩田渉ワイン会 ”渉る世間は鬼ばかり” -心を鬼にして臨みましょう-

私がよくお世話になっている”カーヴ・ド・K”。そのスタイルはシャンパーニュ・バーです。
でも、オーナーが西田さんですから、スタッフはバーテンダーが基本的なお仕事の人が中心。。

そのなかでも、カクテルなんかは得意中の得意で、いろんなジャンルの味が味わえます。
田端店長のシェーカーダンスなんかは一見の価値がありますよ。

そんなカーヴ・ド・Kにいつしか現れた変人が”岩田渉”。彼が目指していたのはワイン世界のソムリエなんです。
まあ言ってみれば、K6グループの異端児ですよね。

この異端児、K6内でもかなりの虐めにあったことでしょう。←あくまでも編集上の演出です
もし私が先輩でいたら「このやろう!生意気言いやがってェ~!」とボコボコにするでしょうね。

でも、そんなシゴキに耐えるだけの図太い神経を持っているのが、この”渉”で、あれよあれよという間にソムリエ試験に合格。
続いて、各種のコンテストで好成績を収め、協会から現地研修に参加させてもらえるほどの実力を身に着けてしまいました。

そうなると、今度は周りの彼を見る眼が変わりますわなあ。
ちょっと彼を持ち上げるような言動に、彼の心もくすぐられたことでしょう。

そしてついに、調子に乗りすぎちゃった挙句に「今度ワイン会をやりますので参加されませんか?」ですと。
ほう、面白いやんけ。 どんなワインを飲ませてくれるのか、、、こりゃあ楽しみやわ。

当日、会場のカーヴ・ド・Kに来てみれば、彼のワイン会の趣旨が”渉る世間は鬼ばかり”だということを知りました。
よっしゃあ! いつも羊のようにおとなしい俺も、この日ばかりは心を鬼にして彼のワイン道に挑んでみようではありませんか。

結論を先に言いますと、、、まだまだ先は長いということですね。これからの彼の成長が楽しみです。

◎いつものカーヴ・ド・Kなんですが、、、
160723c 002

◎今日は貸し切り、、、と言うよりは朝から仕込みで大忙し、、、だったんでしょうね。
160723c 003

◎ふふふ、このお題はなかなか面白い。今日のゲストは心を鬼にして、彼のワインに対する批評をぶつけなければいけないそうです。
 よ~し、やったるでえ!
160723c 005

◎でも、その前にウェルカムシャンパーニュを。これはいくら飲んでもカウントに入っていないそうです。
 しめしめ。
160723c 010

◎本日のワインリストです。予想していたイタリアンは皆無。ちょっと拍子抜け。
160723c 008

◎そんなワインたちに対する料理はこんな流れだそうです。
 小泉シェフもかなり力が入っているみたいですね。
160723c 134

◎まずは田端店長から、改めて岩田渉くんのご紹介を。
160723c 022

◎続いて、ご本人からのご挨拶。思い返してみれば、よくこんな短時間でソムリエ合格出来るだけの実力をつけたもんだ。
 何よりも本人が一番努力したんですからねえ、、、イカンイカン!今日は鬼にならねば、、、
160723c 024

◎それでは、ワインと料理の写真を組み合わせて見ていただきましょうか。
 そのほうが全体の流れがよく見えますもんね。
160723c 012

◎最初の泡は私の知らない”黒”。ピノの特性がよく出ていてワタシ好みですね。
160723c 029

160723c 031

◎しいて言えば、、、クープグラスではないほうが良いかな?
 ワタシ的には、ここは白ワインのグラスで、、、
160723c 039

160723c 040

160723c 047

◎ロゼシャンパーニュにクープのほうが良かったのでは?デュヴァル・ルロワは安定の美味しさです。
160723c 064

160723c 056

◎もちろん、ワインごとに彼がコメントを言ってくれます。勉強しているのはよく分かる。
 でも、講義ではないお客を楽しませるウィットやユーモアが欲しいなあ。
160723c 067

160723c 071

◎続いて、またもやロゼ。ここはシャルドネのキッパリ系が欲しかった。
 ロゼが続くと口の中がネチャネチャするんですよね。
160723c 079

160723c 083

◎そして、赤のスタートがシュペート・ブルグンダー。意図はわからなくもない。
 でも、次がブルゴーニュであることを知ってしまった頭では、このどっちかを違うぶどう品種にして欲しかった。
160723c 094

160723c 090

◎ポンソのシャペル・シャンベルタン。まあ、これも安定の美味しさ。
 このワイン選択、、、ドキドキ感がないんだよなあ。
160723c 106

160723c 103

◎なんて思っていたら、隠し玉がありました。モメサンのポマール84です。
 良くない年ではありますが、小粒ながらピリリと効いていますね。これは良い。

 多分、12名(当日のゲストの数)分のボトルが確保できなかったからこういうスタイルになったんでしょうが、それなら事前告知をやってくれてても良いんじゃあ無いのかなあ?
160723c 108

◎続いて、ムルソーのクロ・ド・ラ・バール86です。生産者は知らない人。
 これはツボにハマりましたね。良いわあ。でも、これも事前告知をしておいて欲しかった。
160723c 115

◎最後にヴィルマールのラタフィアで〆。
 最初のシャンパーニュでの掴みは良かったと思います。でも、その後の盛り上がり感が皆無。
 そのままダラダラとエンディングロールまで行っちゃった、、、と言う印象ですね。

 ちなみに、このショットで”三人田端”を狙ってみました。私の意図、、、わかっていただけたでしょうか?
160723c 127

160723c 112

◎小泉シェフ、お疲れ様でした。各お皿は非常に美味しかった。特に、最近魚料理が得意になってきたんとちゃうん??
 それぞれのお皿は今回のワインに合っていたと思うんだけど、こちらもワインに引きずられたのか”盛り上がり感”には欠けていましたよね。
 それが残念。
160723c 130

◎本日のワインたち。君たちが悪いんじゃあない。悪いのは、、、、
 私としては、ぜひ次回の開催も考えていただきたいですね。それも、、、やっぱり得意のイタリアンでやったらどうかなあ????
160723c 132
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2800-cee73dd5

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad