まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

大人の遠足@伊勢志摩 番外編 -日本一の居酒屋?-

鳥羽で絶品の貝料理を堪能した各国首脳はとどまることを知らず。
このまま京都に帰るはずが、何故か名古屋方面へ、、、

実は、私はナギャ~って良う知らんのですわ。知っているのは摩訶不思議なあんかけスパゲッティーくらいかなあ???

そんな場所で、今回の主催者の私が逆に連れて行かれたのは”大甚 本店”。
私の好きな作家の太田和彦氏が「日本居酒屋の頂点です。」とまで言う名店ではありませんか。

勝手もよく知らないまま連れ込まれた店内は「これぞ、まさしく昭和の居酒屋やぁ~!!」と叫びたくなるほどのレトロ感。
そこにたむろする客たちの、何を言っているのかまったくわからない名古屋弁のミャ~ミャ~が耳障りではあるけれど、そんな不快な気持ちを覆い隠してしまうほどの存在感が”名店”の証なんでしょうか?

ニコリともしない店員とぞんざいな客あしらい。この過酷な試練を乗り越えた人たちこそが”本物の居酒屋通”なんだと、自身に誇れる資格を得ることができるのだと痛感しました。
でも、、、京都ではこんな苦労をしなくても充分満足できる居酒屋はたくさんありますけどね。

◎気がつけば、このお店の前に立っていました。
160827c 150

◎店内はこんな。太田和彦と言うよりは吉田類のほうが似合いそうです。
 左に並んでいる小鉢を勝手に選んで食べるスタイル。
160827c 152

◎私の好きな賀茂鶴の樽酒がここのお酒のようです。このセンスはグッドやね。
 今時の小洒落た日本酒では、この店には似合いませんわ。
160827c 154

◎燗酒もこの樽酒で。壁に並んでいる肴の値段はこんなもんです。
160827c 151

◎それを、お腹もふくらんでいるので適当に選んでみました。大体一皿が250円から400円。安いです。
 でも、それなりのボリュームとお味ですけどね。

 ぬる燗で飲むと美味い賀茂鶴。貴重な経験を有難うございました、、、って、誰がここに連れてきてくれたんだったっけ?
160827c 153
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2817-eecae57c

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad