まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

聖護院 嵐まる -心が洗われるようなお酒-

いやあ、長生きはするもんですねえ。どこでどんな出会いがあるのかはまったくわからないから人生は面白いんですけど、、、

今回出会ったのは秋田のお酒なんですが、嵐まるさんの女将さんから勧められて一献。
最初は「ふ~ん?」 しばらくしたら「ややや?」 最後には「こ、これは!!」

天寿酒造さんの”鳥海の雫”という日本酒です。

なんて言ったらよいのかなあ? 一言で言えば「正しい日本酒です。」になるんですよ。
私が心に描いている日本酒のあるべき姿が、目の前に現れた、、、と言うような、、、、、

まずは、ベースになる水がきれい。それに雑味が全くないストレートなお米の香り。
非常に丁寧に作られているんだと思います。 ある意味で、獺祭の真逆かなあ?

もう一度言いますが、長生きはしてみるもんですわ。

◎いつもの嵐まるさんですが、、、
160918c 002

◎足元にはこんな唐辛子が。これ、うちでも作ってるんですけど、皮が固くなっちゃって家人には大不評。
 もう作らないと思いますが、嵐まるさんのはどうなんでしょうか?
160918c 001

◎まずは、いつもの、、、
160918c 004

◎つき出し三種盛りはこんな。柿かあ、、、秋ですねえ。
160918c 011

◎新物のすじこ醤油漬けがあったのでこれからスタート。
160918c 016

◎お造りはサゴシ炙り(明石)とキンメダイ炙り(静岡)を。ほんとはメイチダイ(長崎)を頼みたかったんですけど、一人前は無いということで、、
 でも、ちゃんと横につけてもらってましたけど、、、
160918c 021

◎そして、これが”鳥海の雫”です。サラッと飲んだらそれで終わっちゃいそうなんで、ぜひじっくりと腰を落ち着けてご賞味くださいませ。
160918c 023

◎揚げ物は、”とうもろこしのかき揚げ”と”子持ち鮎の唐揚げ(琵琶湖)”を。
 このお酒には、こんな油っけがあるものが合うような気がしたもので、、、←正解でしたな
160918c 026

◎〆は”和牛イチボの焼肉丼”。最後まで油を引きずってしまいましたが、何故かこのお酒は魚よりもお肉系を呼ぶんですよ。
 これもまた面白いことですね。
160918c 033
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2818-43a8e596

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad