まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

亜米利加国出張記2016 -真夜中もクリュッグで、なんとか1本制覇-

CAさんに「フライト中には、クリュッグを軽く1本は飲むから。」なんて、つい口を滑らせてしまったために、CAさんからのクリュッグのお勧めが半端ないことに。
さらに「うっかりして、ほかのお客様にもお出ししてしまったものですから、新しく開けましたので、、、」なんて言われてしまって、、、どうしましょう?

こうなったら、いつもは睡眠をとる時間も起き続けてせっせと飲まなくっちゃあ。
ああ、こんなにしんどいことになるのなら、余計なことを言うんじゃあなかったなあ。

起き続けているためには映画でも見ないことには時間がつぶせません。新作も含めて何本かの映画やテレビドラマを見たのですが、その中で一番印象に残ったのは”シン・ゴジラ”。
想定外なことが起きた時の日本政府の対応の悪さが、案外リアルに描けていたのが良かったですね。

それに対して、自衛隊のきわめて規律的な対応ぶりがある意味で好印象。うがった見方をすれば「これは自衛隊宣伝映画か?」とまで思ってしまいそうです。

でも、最後には都内の電車群を使った特攻作戦など、笑わせてくれる要素もあって、良い娯楽映画だと思いました。
今回のゴジラは、あくまでもアタフタする人間たちの引き立て役。主役は日本人という視点が、今までのゴジラ映画とは大違いですね。

でも、、、、続編ありそうですね。

◎今回のゴジラ自体には新鮮味は無し。アメリカ製のゴジラのように海の中を潜水艦よりも泳ぐようなこともせず、ただノシノシと歩くだけ。
 背びれからの放射能光線も、、、まああるでしょう。
1610231.jpg

◎そんなゴジラに立ち向かう自衛隊がなかなかリアル。かっこ悪いところは全く無しでした。
1610232.jpg

◎ただ「全弾命中。ゴジラに影響見られず。」というのは情けない。通常火器の限界を謳うことで核武装論に火をつけようという企みじゃあないでしょうね? 
1610233.jpg

◎そんな映画を見ながらのお酒は当然クリュッグ。それに合わせた肴は、、、
1610234.jpg

◎”炙りまいか塩辛”でございました。イカを炙ってあるということが今まで食べた塩辛にはなかったことなのですが、これが案外イケるんですわ。
 この塩辛のおかげなのか、なんとかクリュッグ1本、完飲でございます。 ああ、口は禍の元ですなあ。
1610235.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2829-0ddc435d

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad