FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ブルゴーニュ アリゴテ 1997

まあ、野球の結果はさておいて、本日の私の興味の中心は、JPGAのサン・クロレラ クラシックだったんです。なぜかと言うと、前日までは平塚哲二がリーダーだったから。
彼は、地元の平安高校出身だし、私がしばらく住んでいた宇治市醍醐の練習場でも見たことがあったから、どうしても応援してしまいますよね。
特に、今日は私もゴルフの予定が入っていて、朝起きた時点では「お互い、がんばろうぜ!!」みたいな気合を入れていたんですが、、、、
私自体は11ホール目で左肩に違和感を感じて途中棄権しました。何のことはない60ヤードのアプローチショットの直後に左肩が脱臼したように力が入らなくなったんです。こんなことは初めて。
仕方が無いので、無線でレスキューを頼み、スゴスゴと家路についたのですが、そのおかげで、テレビでJPGAのテレビを見ることができたんです。「俺の分もガンバッテくれえ。」なんて応援したんですけど、平塚選手も調子はイマイチだったようで、逆転負けしてしまいました。
悔しかっただろうなあ。私のような遊びのゴルフならいざ知らず、彼はプロですから。でも、かえって親近感がわいてしまったのは私の勝手でしょうけれど、今シーズンは調子もよさそうだし、秋の高額試合に向かって英気を養ってもらいたいですね。終わってしまったことは仕方がありませんから。
私は、、、、、明日の朝から知り合いの接骨院に行って「なんとかしてくれえ!!」と駄々をこねることしかできません。このお盆の間はゴルフの予定が詰まっているんですよ。頼んまっせえ、藤田先生!!

今日のワインは、ブルゴーニュではたいしたことのないと言われているアリゴテ種のワインなんですけど、作っている人がスゴイ!ピエール・モレーといえば、以前はあのコント・ラフォンのブドウを作っていて、今ではルフレーブの醸造長を勤めている人です。
その人のプライベートなドメーヌのアリゴテですから、期待するな、と言うほうが無理です。場所もムルソー村ですから。
色は、結構ハッキリしたクリアーな緑。香りは、ヘンな話ですがピータン、パセリ、キャベツのような緑の葉もの野菜。飲んでみると、シャープな酸がキリッと口元を引き締めます。ミネラル感もあって、冷やして飲むのに最適です。チョット、紅茶のニュアンスもありますね。
まさに、この時期にドンピシャワインではないでしょうか?ミュスカデよりも構成がハッキリしているのが良いですね。やはり、ワインは作り手で選ぶべきなんですね。でも、そう考えると、ドーヴネのアリゴテはなんだったんだろう?あれはもう別次元に行ってしまったワインなのかもしれません。価格も別次元だしね。(C)

生産者-ドメーヌ ピエール・モレー
生産国-フランス
購入店-リカーランド・コモリ
購入価格-1980円

◎きわめて清楚なラベル。「PM」マークが、ちょっと誇らしげでもありますね。
DSCF1532.jpg

スポンサーサイト



コメント

はじめまして!

随分、飲んでますねえ、羨ましいです。
アリゴテもいいのありますよね?
エマニエルルジュのアリゴテは美味しかったと記憶してます。
今度、じっくり拝見させていただきます。

ミュジニーさん、コメントありがとうございます。
質はともかく、数は多いのですが、、、、最近は暑さで杯が進まず困っています。
アリゴテはお値段も手ごろだし、好きなワインの一つなんです。
ルジェのアリゴテなんて飲んだことありません。私のほうこそ羨ましいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/286-c455ba43

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!