まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

燕 en -お酒との相性は抜群!! そのクオリティの高さに思わず唸る-

京都駅周辺には星の数ほども飲食店はありますが、ここほど満足感が高かったところはここ数年ではありませんでした。
それほどびっくりし、満足したお店をご紹介いたしましょう。

そのお店の名前は”燕 en”。場所は八条口のアバンティの南側の通りに面しています。
決して大きな構えのお店ではないし、入り口なんか簡単な引き戸があるだけ。

入ってもカウンター主体で、テーブル席が二卓位のものです。
しかも、天井は打ちっぱなし。

私も、最初に連れられてお店に入ったときには「ああ、この辺によくある居酒屋さんやね。」としか思っていませんでした。
お店のご主人も二人の女性スタッフも若いし、、、

それなのにそれなのに、出て来る料理は全てが「うむむむ、、、」と唸るものだらけ。
お酒は種類はそれほど多くないものの、そのどれもが私の好みにぴったしカンカン。←古い!

この店は流行りますよ。私が太鼓判を押すのだから間違いはありません!!←その自惚れが怖いねん

◎京都タワーが夕映えに染まる頃、、、
161105c 005

◎こんな小さな看板があるだけの店なんですけど、、、
161105c 006

◎板場には男女の板さんが。この女性、なかなかの美人です。
161105c 018

◎初めての店なので、いつもの作戦通り、まずはビールで様子観察。
161105c 008

◎メニューはこんな。中にラーメンなるものがあるので理由を聞いてみると、ご主人は以前にニューヨークでラーメン屋をやっていたのだとか。
 ほんまかいな?
161105c 009

◎奥の壁の黒板はこんな具合です。
161105c 012

◎お酒はこんな品揃え。品数は少ないものの、ポイントはキチンと押さえていますね。
161105c 010

◎先付けはこんな彩り。秋真っ只中の頃のことです。
161105c 016

◎まずは”お刺身の盛り合わせ”をおまかせで。七種盛りですね。
 どの魚も良い熟成具合です。それをさらに一手間かけているのが心憎いですね。
161105c 024

◎最初のお酒は”呉春”から。キレの良い辛口です。
161105c 028

◎”秋の生麩田楽”これをひとくち食べて確信したことは「このご主人はお酒をわかっているな。」ということ。
 酒を飲ますための味付けです。
161105c 033

◎こうなったら、私にも考えがある。←どんな考えやねん?
 お酒を”黒龍”にチェンジ。どのお酒がどう合うのかを探す旅に出ましょう。
161105c 040

◎少し苦目の味が欲しくなったので”本モロコの炭焼き”。これまた酒を飲ますねえ。
161105c 042

◎こうなったら、少し優しい”八海山”。口の中をさっぱりさせてくれますねえ。
161105c 051

◎ネットリ系にはどうなんだろうと”焼き雲子”。ああ、鱈、、、釣りたい。
161105c 054

◎ちょっと止まらなくなっちゃったので、ご主人にお願いして”酒飲みのための四種盛り”を。
 ああ、困った。どんどん加速がついてきてしまう~!
161105c 058

◎”〆張鶴”でちょっとほっこり。やはり、日本海側の酒が良いねえ。
161105c 062

◎〆には”鱧と松茸の鍋”。次回来るときには、もっと体調を整えて、覚悟を決めてくることにいたしましょう。
 それも、できるだけ近いうちに、、、、
161105c 065
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2873-a1f902d6

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad