まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ドン・ペリニヨン 1998 P2 -どこで飲んでも、やっぱり美味しい-

エミレーツのファーストクラスで限定期間の間に提供された”ドン・ペリニヨン 1998 P2”。
前回のヨーロッパ往復では、集中的に飲んだこともあって約6本分をいただきました。←やりすぎやで

機内では、定番として常備されている”ドン・ペリニヨン 2006”との比較試飲も楽しかったのですが、その時にふと思ったことは「この機内、この状況やから美味しく感じるのかも?」
こうなったら、ぜひ落ち着いた地面の上で飲んでみたい。

幸いなことに、帰国した時には何故か手に1本のP2を握りしめていたので、その貴重な1本をカーヴ・ド・Kに持ち込んで飲んでみることにしました。←このあたりは大人の事情なので言えません。ご想像におまかせします。

ついでだからということで、私のストックの中から数本を田端店長に選んでもらってプチ宴会。
我が本部長様や、いつも海外出張でお世話になっているY氏も神戸から参加してもらって、楽しい夕餉を過ごしました。

結論としましては、やっぱりP2はどこで飲んでも美味しいということでした。
深みを感じる泡の重さ。二回目のピークを迎えていると言うネーミングにふさわしい酸とミネラルの合体性。

できれば、また再会したいものですねえ。エミレーツさん、次回もお願いね。

◎まずは、田端店長セレクトの3本を追加した本日の役者さんたち。
161219c 198

◎まずは主役のP2。
161219c 184

◎なぜ選ばれたのか?スペインはリオハのテンプラです。
161219c 182

◎ソノマからはアメリカンなシャルドネ。
161219c 185

◎そしてイタリアからは生産者サイン入りのフィランチャコルタ。
161219c 186

◎田端店長はオールドなスペインに大苦戦。笑っているように見えますが、実は顔がひきつっているのです。
161219c 174

◎挙句の果てに、コルクはこんなにボロボロに。
161219c 175

◎ワインに合わせた料理は小泉シェフにおまかせです。最近は突然の無茶振りにも動じない安定感が出てきましたね。
 写真館でどうぞ。
161219c 167

161219c 172

161219c 176

161219c 192

161219c 196

161229c 134
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2890-04b625fc

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad