まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ザ・ライブラリーバー@ANAクラウンプラザホテル大阪 -程よい距離感-

ホテルのバーが好きです。ですから、出張をしたときなんか、その街の比較的名前の通ったホテルのバーにフラッと行ってみるんですよ。
もし行くところに迷ったら?? すぐにリーガロイヤルホテル中之島の古澤くんに電話して現地情報をゲットします。

この嗜好は、やはり若い頃に読んだレイモンド・チャンドラーの小説に出てくる私立探偵フィリップ・マーロウに大いに影響されています。
小説の中で、マーロウは必ずと言ってよいほどバーでかっこよく酒を飲むのですが、その姿に自分を重ね合わせたいんですね。

もちろん、私の地元、京都の行きつけのバーは大好きですよ。でも、通い慣れたバーでは緊張感がなくなってしまうんですよね。
「いらっしゃいませ。」と言われるのではなく、「おかえりなさい。」と言われるような感覚かなあ?

それに対して、自分の知らない土地でのバーのドアを初めて開けるときなんかは心臓バクバクですよ。
もちろん、迎えてくれるバーテンダーさんも「こいつ、よそもんやな?」と気にするでしょうけどね。

そんな二人の間の会話もスタートは至極当たり障りのないものから。それがどこまで発展するのかは、、、、
やっぱりお互いの相性が合うかどうかでしょうかねえ? これはやってみなければわからないことでもありますよね。だから、、、今日もドアを開けるのです。

◎フィッシングショーで歩き疲れた身体を休ませるために選んだバーはANAクラウンプラザホテル大阪のメインバー”ザ・ライブラリーバー”
170210c 024

◎まずはお決まりの”ジン・トニック” 最近の世界的なジンのブームの話を振ると、速攻でリアクションバイト。
 へへへ、最近のバーではこの作戦はたいてい成功するね。そりゃあ、バーテンダーさんもブームには敏感やろうからねえ。
170210c 022

◎でも、最初から話の深入りをするのは危険です。話の中身は程々に。このあたりの距離感を図るのも、まなゆう的にはバーでの楽しみの一つなんですよ。
 ここで、スッとバーボンへチェンジ。ジャック・ダニエルのソーダ割りです。
170210c 026

◎バーテンダーさんはジンの話に戻りたそうなんですが、私は構わずバーボンの話を一方的に。
 更に、今度はカナディアンのC.C.に飛びます。俺って意地悪な性格やなあ。

 バーテンダーさん、今度は京都のドライジン”季の美”も飲んでみてね。
170210c 030
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2897-0095047b

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad