FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ブルゴーニュ・ブラン シャルドネ 2003

PGAツアーで懐かしい顔が優勝しました。ディーン・ウィルソン、日系4世です。数年前までは日本のツアーで戦っていましたから、私にとっては懐かしい顔なんです。
それに、彼にはアジアの血も少しは流れているので、顔立ちが少し違う。ちょっとエキゾチックなんですね。その彼とプレーオフまで戦ったのはトム・レーマン。歴代の全英オープン優勝者ですが、こちらの顔立ちも味があります。
デトロイトあたりの自動車工場で一日中車の下にもぐってボルトを締めていました、、、とでも言えるくらいの苦労を物語る顔のしわ。ホントに、アメリカのPGAには役者が多いですね。
私としては、苦労人のレーマンに勝ってほしかったのですが、勝負の世界は厳しいものですねえ。
この試合では、日本の丸山大輔も大活躍で3位タイに入る健闘ぶりでした。多分、これで来期のシード権は確定したんじゃあないかなあ?今年のスタート時には「周りに誰も話しできる人がいない。」とか言って、単身赴任の寂しさを訴えていたようですが、
環境が変わったのかなあ?それとも自分が周りに合わせるようになったのか?どっちにしてもおめでとう。がんばってください。でも、テレビで見ていると、この丸山でもけっして大きくは無いですね。確か慎重は175cmくらいだと思うけど小柄に見えます。
と、言うことは、先輩の丸ちゃんや田中秀道選手なんかもっと大変だということですね。パワー競争の世界ですが、テクニックでカバーしていただきたい。コーリー・ペイビンも先日優勝したんですから。

今日のワインは、ブルゴーニュの有名生産者、自殺をしてしまったドニ・モルテの弟さんの白ワインです。ブルゴーニュは相続の関係で、親戚や兄弟が別々にワインを作ったりしていますからややこしいですね。
でも「やはりワインは生産者しだいだなあ。」と思うのは、元々はひとつの畑を相続で二つに分けて、それぞれで違う人がワインを作った場合、そのワインがまったく違うものになることがあるからです。
果たして、このワインはどっちを向いて作られているのでしょうか?
色は、きれいなレモン色。香りは、チョット焦げた板、蜂蜜、レモンティー。飲んでみると、煮詰めたお出汁のような濃いミネラル、高いアルコール、しっかりした酸。これは強いワインですね。
温度が上がるとどうなんだろう?と思って、しばらく放置して(昼寝して)再度飲んでみると、ますます香りも味わいも強くなっていました。亡くなったお兄さんとの比較は、私ではできないのですが、そんな比較が必要ないほど、このワインはおいしいです。
まあ、良しも悪しくも、いろんな方法で、伝統は守られていくんでしょうね。(C)

生産者-ドメーヌ チェリー・モルテ
生産国-フランス
購入店-ヴェリタス
購入価格-1780円
◎外形はルジェ(アンリ・ジャイエと言うべきか?)のような上部にカーブのあるラベル。字体もどこかで見たことがあるような、、、でも、これからの人はそんな先人達を超えていくパワーを持ってほしいですね。
伝統と革新の板ばさみ。難しいテーマですけど。
DSCF1539.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/290-b0082877

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!