まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ヴェーナ -ひろくんといけちゃんの新しいお店-

ボッカ・デル・ヴィーノのソムリエとして大活躍をしていた池本くんが、イル・ギオットーネでシェフをしていた早川くんとタッグを組んで立ち上げたお店です。

実は立ち上げの前の準備段階からこのお店の構想は聞いていたのですが、どうやらリストランテと言っても良いような高級店を志向するとのこと。
「こんなご時世で大丈夫なんかなあ?」とちょっと心配する気持ちも無いわけではなかったのですが、とりもなおさず実情を調査しなければ、、と開店早々の2月の半ばに行ってきましたがな。

その印象を一言で言えば「このお店は流行るやろうなあ。」です。

いけちゃんのソムリエとしてのサービスはすでによく知っているので驚かなかったのですが、シェフとしてのひろくんの仕事が素晴らしい。
チェンチの坂本くんもそうなんですが、ギオットーネ出身のシェフがあちこちで花を咲かせているのを見るのは嬉しいことです。

きっと、彼等を育てた笹島くんも喜んでいることだと思いますよ。

そんな彼等のお料理とワイン、、、ご紹介いたしましょう。

◎室町の夷川と言う、なかなかコアな場所にあるお店です。
170210c 090

◎現在は、この一階のカウンターのみだそうですが、二階には個室もあるそうです。←いつ完成すのかは誰も知らない
 北欧家具が壁に配置されていて、このあたりの感性はさすが。
170210c 150

◎多分いけちゃん担当だと思われるウォークインセラーは、、、私にとっても禁断の領域ですね。
170210c 095

◎さて、席に落ち着いて最初に始まる儀式は、、、
170210c 103

◎のっけからこの抜栓です。すでに用意されていたようですが、いけちゃんの手に握られているのは、、、ディラントやんかあ、、、
 君もこうなったのね。←暗黒面に落ちてしまったようです
170210c 098

◎そのワインは、ガヤのソリ・サン・ロレンツォ74。しかも、私の千社札貼りバージョン!!
 いつの間に?????
170210c 100

◎さて、心も落ち着けてお食事スタートでございます。
170210c 131

◎まずはグリッシーニのサービスから。これはいくらでも食べ放題だとか。←最終的に、お持ち帰りもしてしまった
 だって、めちゃくちゃ美味しんですもん。
170210c 112

◎ウェルカムドリンクは優しいフランチャコルタで。スタートから荒々しいものは禁物です。←だって、ここは高級なリストランテだからね
170210c 116

◎カトラリーの配置も面白いですよ。こんな風に互い違い。
 そこに、いけちゃんの顔を写してみました。←俺も芸術家やねえ、、自画自賛
170210c 125

◎さあ、厨房の用意もできたようです。ここからはひろくんワールドといけちゃんワールドのコラボが始まります。
 スタートはこんな驚きから。

 ”鮑とどんこ椎茸フライ 蕗の薹と鮑の肝バーニャカウダソース”
 どっちがどっちか、わからへんやん!?
170210c 106

◎”ズワイ蟹と苺 ブラッティーナとキャビア ピスタチオ ミントジュレ”
 組み合わせが笹島流だと思うのは、私だけでしょうか?
170210c 119

◎この二皿で度肝を抜かれてしまって、、、息を継ぐために少ししっかり目の泡を。
 いけちゃんは、こんなフランチャコルタの二段階活用をしっかりと持っています。
170210c 128

◎更に、”天然鰤 飯蛸 野菜 唐墨 サラダ仕立て 青リンゴとマスタード 新玉ねぎとオレンジ 菜の花の三種のソース”
 きれいな彩りの一皿です。
170210c 133

◎こうなったら泡では対抗できません。イタリアンな白を頼みましょう。
170210c 136

◎”蝦夷鹿の低温調理 カルドンチェッロ 天然クレソン 紅玉りんごのキャラメリゼ クルミ ビーツのソース”
 下に隠れていますが、その鹿の血の味わい、、、素晴らしい。
170210c 139

◎ここで、先程の赤ワインが再登場。う~ん、深いなあ、、、
 70年代のガヤは流石に別格ですね。しかも、この単一畑は今でもあるのかなあ???
 もしかしたら、こんなボトルはこれで見納めかもわかりませんね。←すごく貴重だと思います。
170210c 143

◎口直しに、”ハマグリと百合根のリゾット 生雲丹 バニラ風味”
 ハマグリで来るとは思わなかった。
170210c 145

◎”仔羊Tボーン炭火焼 加賀れんこん 天然行者ニンニク 花菜 フリット三種のマスタード添え”
 ここから再加速ですね。この流れの良さ、、、シェフの魂胆がよくわかって爽快です。
170210c 152

◎この火入れが絶妙。写真でもわかってもらえると思いますが、仔羊の生々しい食感が最高ですね。
170210c 156

◎〆にパスタを持ってくるはジャポネーゼスタイル? ”雲子と白アスパラのスパゲッティ ペリゴール産黒トリュフ”です。
 一口サイズですが、麺を食べると満足してしまう四国人ではあります。
170210c 163

◎甘いものには手を出さない私ですが、試しにと”エスプレッソのパンナコッタとミルクジェラート 柑橘”
 甘くなかったです。グラッパをかける用意もしていたんですが、必要ありませんでした。
170210c 170

◎あとは、お決まりの消化薬を少々。これを飲むのは、私なりに満足した証だと思っています。
170210c 164

170210c 168

170210c 173

◎ひろくんといけちゃん、、すごく良いコンビだと思います。
 今回の訪問で、ひろくんの感性の凄さが良くわかりました。

 きっと、これからは予約が取りにくいお店になると思いますね。
 それはそれで私的には辛い話ですけれど、知った人のお店が流行るのは嬉しいことです。

 この貰った名刺もカッコええしなあ。俺も、次の名刺にはこんなエンボスを入れてみようかなあ????
170225c 069
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2917-ee0e0742

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad