FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ニュイ・サンジョルジュ ブラン 1999

最近、PCを入れ替えたのを機会にアンチウイルスのソフトをノートンからAVGに替えてみました。しかも、フリーのタダバージョン。しばらくは不安感がイッパイだったので、メールも恐る恐るだったのですが、現時点まででトラブルはゼロ。
けっこう使えるんじゃあないかなあ?なんて思っている今日この頃です。
それに、コイツはけっこう働き者なんですよ。ウイルス定義なんかは二日おきに自動で書き換えるし、PC内のウイルススキャンも勝手にドンドンやってくれます。「なんかHDがカチャカチャやってるなあ?」なんていうときはたいていそれです。
これでフリーなんだもんなあ。もちろん、有償版を売ることで、この会社は利益を出しているとは思うのですが、このPC、特にウェブの世界では、今までとは全く違うビジネスモデルが構築できると言うところが面白いですね。グーグルなんて、私はけっこう頻繁に利用していますが、私自身がグーグルにお金を払ったことはありません。
でも、グーグルは充分利益を出している企業なんですからねえ。奥が深い世界と言うべきなのか、摩訶不思議な世界と言うべきなのか、、、、もう、半分忘れられたような存在になっているホリエモンも、この世界の住人だったんですからねえ。

今日のワインは、ブルゴーニュの白ワインなのですが、ニュイ・サンジョルジュの白ワインは結構珍しいと思います。
このドメーヌは、ブドウの樹齢が高いことが特徴らしいのですが、ラベルにも、小さく「古木」と書いてあります。
色は薄い黄緑。ホントに薄いです。ですから「ああ、薄いんだわ。」なんて思いながらグラスを鼻に持っていくと、特徴のある香りがガツ~ンとやってきます。圧倒的なのは、焦がした木のニュアンス。「なんで、ここまで!」と、思うほどです。
果実味もあるんですが、それも「焼きバナナ」だとか「焼き桃」だとか、焼いてばっかり。チョットやりすぎではないのかなあ?飲んでみると、シッカリした酸がピシッと引き締めてはいるんですが、それでも、このローストした果実の横暴さを押さえ込むまではいきません。
ミネラル感もあるのはあるんですが、「まとまり」と言う感覚は皆無。ですから、少し飲んだだけで疲れてしまいます。夏に飲むのはツライのは当然として、冬にしても、何にあわせればよいのか?悩むでしょうね。強いとか言う以前の何かを、置き忘れているような気がします。
しかも価格がこれでは、、、、、(E)

生産者-ドメーヌ・ロベール・シュビヨン
生産国-フランス
購入店-ワイン・グロッサリー
購入価格-5670円

◎黄色い染みが浮きでたような、不思議なラベル。ブドウのつるに挟まれた紋章はどこのものなのでしょうか?
DSCF1536.jpg

スポンサーサイト



コメント

シュヴィヨンNSG

シュヴィヨン、他でも評判イマイチでしたが、まなゆうさんにもきつかったですか。
確かに焦げは強いですよねえ。
それでも塩っぽいミネラルに好感を持ったのですが、この時期にはつらいかもしれません。
ワインは色々難しいですねえ。

PICARLEさん、マイドです。
正直言って、時期が悪かったんだと思います。もう少し過ごし易くなれば印象も変わるんでしょうけれど、、、、

それにしても、PICARLEさんはサスガですねえ。この時期でも全然ペースが落ちないなんて!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/294-890b399a

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!