まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

蒸留酒への逃避行 05/17 -ビルカール・サルモン 訪問記-

お腹がいっぱいになったところで、午後からの訪問先”ビルカール・サルモン”へ行くことに。
ランスからは、モンターニュ・ド・ランスの森をくぐり抜けてアイ村を通り、更に東へ、マレイユ・スール・アイ村へ。

ビルカール・サルモンは家族経営の本当に小さな生産者です。
でも、その名声は規模の大きなメゾンにも決して引けをとっていません。

私にとっても、ビルカール・サルモン ブリュット・ロゼNVは大好きなロゼシャンパーニュの一つです。
ですから、ここも行きたかったんですよねえ。

そして、訪れてみてびっくり!!こんなに小さな生産者だったとは!?私の予想を遥かに超えた小ささだったんですよ。

◎一般家庭、、、とまでは言いませんが、シャンパーニュ・メゾンだとはとても思えない造りです。
 この看板がなければ通り過ぎてましたね。
170603g 323

◎ほらね。こんなに小さな建物なんです。
170603g 325

◎お庭はきれいに手入れされていますね。奥の扉を抜けると別棟に熟成庫がありました。
170603g 324

◎今回お相手してくださったのは輸出担当のエレーヌさん。私のレベルに合わせて、すごくやさしい英語を選んで話をしてくださいました。
170603g 331

◎さて、試飲です。まずは”ブリュット スー・ボワ”から。
 このメゾンの特徴はピノ・ノワールの比率が高いということ。そのせいか、このシャンパーニュも重厚で重い味わい。

 更に、ブルゴーニュと同じような小樽での熟成。オーク樽の甘さが加わって、イメージは南方系のドライフルーツですね。
170603g 328

◎”ミレジム ブリュット ブラン・ド・ブラン2004”このシャンパーニュ、私にとっては初めての経験でした。
 コート・デ・ブラン地区のシャルドネを使用して、これも小樽熟成です。

 やはり、ビルカール・サルモンは独創性がありますねえ。シャルドネの酸を押さえて、樽のニュアンスが全面に出てきています。
 硬質なミネラルと果実味のバランスがまるでコルトン・シャルルマーニュですわ。
170603g 330

◎良年のみに作られるという”キュベ ニコラ・フランソワ・ビルカール2002”
 ピノ・ノワール60%、シャルドネ40%と言うセパージュです。

 香りはまさに焼きたてのパン。思わず、口の中で噛み締めてしまいました。
 泡自体は極めて細かく、それが数本のヒモのように連なって出てきます。

 更には、ハチミツ、ナッツ、ドライフルーツと複雑、でも心地よい味わいで大満足。
 このシャンパーニュ、、、買って帰ればよかった。←ルイナールでいっぱい買っちゃったからね
170603g 334

◎ケルト文字が使われているというラベルもシンプルで好感が持てますね。
 家族経営で、1818年からの伝統を守り続ける苦労って、並大抵のものではないと思うんですが、それを頑なに守っている姿勢が素晴らしい!
 今回の訪問で、ますます好きになってしまいました。
170603g 326
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2962-e709f0d3

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad