まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

聖護院 嵐まる -七夕の頃-

少し(?)熟成色が入った記事になります。

ようやく暑さも本格的になってきた7月のある夜、いつものようにフェラーリで嵐まるさんへ。
目的は、もちろん、美味しいお魚をいただくためです。

風呂上がりでもあったので、それほどガッチリと食べられなかったのですが、相変わらずのプロの腕前、見せていただきました。
それに合わせた麦焼酎も二種類。なかなか面白い飲み比べができましたよ。

◎もう見慣れた? いつものエントランスです。
170726g 002

◎まあ、まずはいつものヤツを、グビッといきます。
170726g 012

◎付き出し三種盛りもこんな風情で。そう、七夕の頃だったのですよ。
170726g 008

◎ショーケースの中から、お刺身はこんな感じで。
170726g 013

◎真つぶ貝(北海道) この状態でも、少し動いてました。
 コリコリ感がハンパないですね。年寄りには無理だわ。←俺はOKよ
170726g 019

◎本鮪中トロ(青森) きれいな脂の入り方です。
 夏の鮪って、好きですねえ。甘さが倍増している気がするから。
170726g 020

◎まあ、いつもの”百年の孤独”をロックで。この強さが良いんですよ。
 ある程度氷が溶けてからも薄くなりにくいのが好き。
170726g 024

◎入店したときから、ずっとコイツに見つめられていたので”金目鯛かぶと煮”
 いつも思うことだけど、この味付けが絶妙ですね。醤油と砂糖のバランスなんでしょうけれど、絶対に真似ができない自信はあります。←どんな自信?
170726g 030

◎女将さんから「こんな焼酎あるんですよ?」”さくら魯山 麦”ですね。
 熊本の球磨焼酎と言えば米が主体だけれど、これは珍しく”ニシノホシ麦”で少量だけ作られる麦焼酎です。

 柔らかいなあ。孤独の対極。サラリと喉を通る気持ちよさ。これは夏の焼酎ですね。
170726g 027

◎このお酒に合うのはなんだろう??? そう思って選んでみたのは”蒸しあわび 肝添え”
 くどくないけど、肝の苦さが少し邪魔をするなあ。”鱧のおとし”のほうが良かったかも?

 でも、こんなトライをしてみるのは面白いですね。勉強になるわあ。
 また、孤独は万能選手だということもよくわかりました。もちろん、鮑の肝にもバッチリ!
 なにしろ、中国本土での中華の味にもOKですからね。
170726g 032
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/2993-2f216a0e

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad