FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

ヴェーナ -どんどん鋭くなる早川シェフの腕前-

東京からお客様がお見えになったので、ヴェーナへご案内。お客様は大のイタリアン好きだったからです。

京都には美味しいイタリアンのお店はたくさんありますが、現時点での私のイチオシはここですね。
リストランテとしての風格も、この一年でだいぶんと出てきたようにも思いますから。

ちょうど良いタイミングで、良さげな鳩が手に入ったということだったので、それをメインにいただきましたが、シェフの早川くんのスタイルが最近ではどんどん前に出てきて凄いことになってきています。

一体どこまで突っ走るつもりなのか、、、ここしばらくは目を離すことができませんね。

◎まだ少し肌寒い頃の訪問でした。
180217g 222

◎今回はお料理中心の写真館で御覧ください。完全おまかせのコース一本勝負ですが、メニューは後ほどいけちゃんからLINEでもらいました。
 まずは、いつもどおりのグリッシーニ。クッキーチックな噛みごたえが好きなんです。
180217g 223

◎パンもサービスされて、いよいよゴングが鳴りました。
180217g 228

◎”百合根のスープに浮かべた河豚と白子のトルテリーニ シナモンの香り”
180217g 225

◎このトルテリーニ、、、ハマります。
180217g 227

◎最初に選んだワインはグラヴナーの変態系シャルドネ。94年でしたが、熟成感アリアリでしたね。
180217g 233

◎”うすい豆のパウダーをまぶした伝助穴子 菜の花と玉ねぎのピュレ 自家製カラスミ”
 なんと!この縦一列の配置はグラヴナーのラベルデザインとそっくりではありませんか!
180217g 230

◎しかも、緑の伝助穴子にはびっくりです。
180217g 231

◎”牛タンの赤ワイン煮込み カリフラワーとテストゥンアルバローロ胡椒のチップ”
180217g 238

◎こうなったら赤ワインですね。池ちゃんが出してきたのはマレンゴのバローロ71年。
 枯れ朽ちた老木の香り。世の中の辛酸を舐め尽くして悟りを開いた仙人の雰囲気。
180217g 237

180217g 242

◎”鯨のウネスの燻製 金柑 天然クレソンのサラダ”
180217g 245

◎”自家製キターラ 鮑と蕗の薹のソース”
180217g 250

◎更に、マジのアマローネ70も。
 こちらは酒精強化ワインのマッチョな印象。まだまだ元気もりもりですね。
180217g 254

◎”ホワイトアスパラガスと黒トリュフのリゾット ザバイオーネ”
180217g 255

◎”ラカン産小鳩の炭火焼き 肝のソース 紅玉林檎のキャラメリゼ 原木椎茸と筍の黒ニンニク和え”
180217g 263

◎この胸肉の火入れ、、、こうなったら、もう芸術作品ですね。
180217g 264

◎”自家製プリン ピスタチオのジェラート みつのか苺”
180217g 266

◎当然ながら、最後には消化薬は欠かせませんね。

 池ちゃんのサービスはもう熟達の領域にありますが、早川くんはまだまだ広がりを見せてくれそうな予感がします。
 ああ、俺に胃袋がもう一つあればなあ、、、、
180217g 267

180217g 269
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/3087-27727f2e

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad