FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

グレンファークラス蒸留所 -ウイスキーの古酒を試飲-

さて、フレーザーさんが次に我々を案内してくれたのは、樽保管庫の中でも、古酒を保管している一画です。
彼が言うには「蒸留所で一番シークレットで大事な場所なんだぜ。」←その割には扱いが雑やな

寝かせれば寝かせるほど樽のニュアンスが際立ってくるらしく、ここではシェリー樽とバーボン樽(これは私の聞き間違いだと思います。グレンファークラスではシェリー樽のみだと言われていますから。でもこの違いは樽の焼き方なんでしょうか?)の古酒を試飲させてもらいました。
確かにそうですね。しかも、やはりワインと同じ傾向があって、ウイスキー自体の味わいはかなり丸くなっています。

う~ん、やっぱり、俺はこっちやなあ、、、ワインと同じで、古~いのが好きです。

◎樽庫の中に、一画だけロープで仕切られた場所があります。
180624g8.jpg

◎地面には細かな砂利が敷き詰められていて、、、、
180624g3.jpg

◎壁を見てみると、ブルゴーニュのドメーヌで見たようなカビが、、、
180624g10.jpg

◎まずは、シェリー樽の前に案内されて、、、
180624g1.jpg

◎フレーザーさんが大きなピペットでウイスキーを取り出してくれます。1953年ですかあ、、、スゴイ!!
180624g2.jpg

◎この色が独特ですねえ。完全な球体になっていますね。
180624g5.jpg

◎西田さんも、いつになく真剣な顔をしてフレーザーさんに質問しています。←まあ、プロ同士の話はよく分からん
180624g4.jpg

◎次には、バーボン樽(??)へ。
180624g9.jpg

◎こっちはこの色ですかあ、、、ニュアンスも全然違って深みがありますねえ、、、
 1964年だそうですが、10年古いシェリー樽よりも熟成感(?)が出ています。
180624g7.jpg

◎西田さんも、その樽の前で記念写真です。
180624g6.jpg

[広告] VPS


◎樽庫を出たところにある、樽からウイスキーを吸い出す機械とタンクです。
 ここから、瓶詰工程に入るんですね。(瓶詰工程の見学は時間の都合でカット)
180624g11.jpg

ここで、業務連絡です。
書き続けている旅行記ですが、明日からの中国出張で一週間ほどお休みをいただきます。

次に書くのは、この旅行のクライマックスとも言える1994年の樽試飲。
どうぞ、お楽しみに、、、、
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/3138-e6821b94

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad