FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

The Mush Tun whisky bar -戦い済んで-

結構長い時間を樽試飲にかけていたので、気が付けばもう正午を過ぎていました。
そうだ、そうだ。夕方にはロンドンに戻る日なんだ。

試飲後の打ち合わせをササっと済ませて、6代目当主のジョージ・グラントさんも合流して昼食へ。
彼らが連れて行ったくれたのは、蒸留所の近くの”The Mush Tun whisky bar”と言うレストランでした。

「あれっ!? これってもしかして同じパターンかな?」なんて、嫌な予感がしたのですが、それが的中。
どうして、どこもかしこもワンパターンなんでしょうかねえ?

こんなに素晴らしいお酒を造る人種が、どうしてこうも食に淡白なのか、、、
どう考えても、わかりませんわ。

◎試飲後、いったん事務所に戻ってこれからの打ち合わせをしている関係者各位、、、の画。
180630g2.jpg

◎私は暇だったのであちこちをキョロキョロ。こんな古い蒸留装置のディスプレイを眺めたり、、、
180630g1.jpg

◎壁に飾ってあったファミリー・カスクと言う特別なお酒を見たりしていました。
 その中に1954年のボトルを発見。俺と同い年やん。
180630g3.jpg

◎その後、グラントさんも合流して向かった先は、こんなレストランでした。
 外装は洒落てますね。
180630g4.jpg

◎バーが主体のお店ですから、バックバーにはずらりとウイスキーが、、、
180630g15.jpg

◎壁のケースには、グレンファークラスのファミリー・カスクがそろっていますねえ。
180630g12.jpg

◎さあ、メニューです。ちょっと光ってしまったので見にくいですが、内容はイギリスのどこに行っても同じような内容です。
 この、頑ななまでのこだわり(?)には脱帽です。

 でも、それぞれのお皿に合うウイスキーの提案が青文字で書いてあるところは、、、さすがはスコットランドですね。
 ここで気が付いたんですが、彼らの目的は食事ではなくて、あくまでもウイスキーを飲むことにあるのではないだろうか?

 それなら、このメニューの書き方を逆にして、上にウイスキー、そのウイスキーに合う料理を下に書く、、、のが正しいと思うのですが、、、いかがでしょうか?
180630g5.jpg

180630g6.jpg

180630g7.jpg

180630g8.jpg

180630g9.jpg

◎私は”本日のスープ”をスターターにチョイス。
180630g10.jpg

◎味は”蕪と人参とジャガイモ”の合体。まあまあ美味しいんですけど、これだけでお腹がいっぱいになるくらいのボリュームです。
180630g11.jpg

◎メインに頼んでしまったのは”ホットスモークサーモンのサラダ”これも3人前くらいあります。
 とても完食できませんでした。
180630g13.jpg

◎ファビオの左の人が6代目当主のジョージ・グラントさんです。
 私は初対面だったのですが、私の出張中に京都に来ていたらしく、西田さんとも親しげに話しをしていましたよ。

 それにしても、みんなよく食べるねえ。まあ、一皿だけやからね。←賢いわ
 私の敗因は、二皿頼んでしまったことですね。
180630g14.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/3140-3d1fb049

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad