FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

元祖 豚丼のぱんちょう

「帯広名物」と言えば、「豚丼だ~!」 なんて、誰が言い出したんだろう?

少なくとも、私が最初にココに来たときには、あったかもしれないけれど、「名物」なんて言われるもんじゃあなかった筈です。(数えてみたら、ちょうど30年も昔だった)
どうやら、テレビのグルメ番組で、大々的に取り上げられてからブレイク(死語かなあ?)したようです。

今では、帯広市内は言うに及ばず、道内のどこにでも、「豚丼」のメニューはあるそうですから、もう立派なメジャーですね。
そんな中、訪れたのは、「豚丼発祥の店」として、「元祖」を名乗る有名店です。

ホントは、別の店に行くつもりだったんです。地元に住んでいる私の知人が言うには、「もっとうまい店はいくらでもある。」と言うことで、紹介されていたんですけど、残念ながら定休日にぶつかってしまったし、そもそも、豚丼の「うまい、まずい」を決めようにも、その基準となる味を知らなければ、判断もできません。
ココはやっぱり、元祖の店で基準を作るべきだ、、との結論になった、、、と言うわけです。

その元祖の店、「ぱんちょう」は帯広駅前にあります。ロケーションは最高だし、マスコミに紹介されるし、、、で、連日列ができるくらいの大人気、、、と、聞いていたんですが、本日はそんなことも無く、きわめてゆっくりとくつろげました。

豚丼と言っても、けっして牛丼の牛が豚になった、、と言うわけではありません。
豚のロース肉を網焼きし、それをタレにつけた後、ご飯の入ったどんぶりに載せる、、、と言うシンプルなものです。

実際に食べてみると、この肉がかみ締め応えのある厚さと柔らかさ。ちょっと甘みのある照り焼き風のタレとともに、下にあるご飯を口いっぱいにかきこみたくなる衝動に駆られます。
どんぶりからはみ出さんとする豚肉を見たときは、「全部、食べれるかなあ?」と、ちょっと心配したのですが、無用に終わりました。

いやあ、うまいじゃあないですか。「豚丼なんかが、帯広を代表する味なんかになれるものか。」と、思っていたのですが、あんがい、北の大地の素朴さと、野性味を体現した味のような気がします。
脱帽しますわ。(帯広に豚が何頭いるのか? なんていう、野暮な質問はしたらダメだよ。そんなことを言ったら、「じゃあ、松尾のジンギスカンの羊は、どこから来たのさ?」なんて、言い返されるからね)

豚丼 ぱんちょう
北海道帯広市西1条南11丁目19
tel0155-22-1974

◎外観は、単なる駅前の食堂。今日は無いけれど、観光シーズンには、ココには、ズラッと人の列ができるそうです。
創業は、昭和8年ですってさ。
20070607081245.jpg

◎どんぶりが大きいわけではないんで、見た感じよりも、ボリュームはたいしたことが無いですね。
ちなみに、これは「梅」です。ついでに、味噌汁は別注文です。
20070607081156.jpg

◎アップの写真も、どうぞ。
20070607081130.jpg

◎肉の量でグレードが変わるそうです。ただ、松・竹・梅の順序が普通と逆。その理由は、豚丼を発明した先代の奥さんの名前が「梅」だったから、梅が上位に来たそうです。
この話は、お店の人に確認しましたからホントです。ちなみに、最上位の「華」は、当時は無かったそうですが、「もっと肉が食いたい。」と言うリクエストに答えるために、最近できたそうです。
20070607081219.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/594-5eb59494

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!