FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

中札内美術村

帯広から大樹町への国道沿いに、なかなか良い美術館があるとのことを、知人から聞きました。オススメ、だそうなので、ちょっと寄り道。
田舎の美術館なんて、「どうせ、個人の自己満足なんじゃあないの?」と、思っていたのですが、行ってみてビックリ!
カシワの群落の中に点在する5軒の美術館と、2箇所の食事どころ。広大な芝生の広場もあって、すばらしい施設です。
「いったい誰がこんなことを??」と思って調べてみると、スポンサーは、あの六花亭。帯広に本社のある、北海道で一番安いので有名な、お菓子の会社です。

展示内容も良かったのですが、このカシワ林の中を歩いているだけでも、なにか吸う空気がおいしく感じられて、ほんとに気持ちが良かったですね。
Sさん、教えてくれてありがとう。ホントにここには、来る価値がありますね。

中札内美術村
北海道河西郡中札内村栄東5線
tel0155-68-3003


◎北の大地美術館 ここは、特別展の展示場です。
20070611081840.jpg

◎小泉淳作美術館 ちょっと、モダンな建物です。
20070611081919.jpg

◎ここで、建仁寺の「双龍図」に遭遇。あの天井画も、元になる下絵を、まず描くんですね。天井画をこんなに近く見ることはできませんが、ここでは、それができます。
20070611081856.jpg

◎相原求一朗美術館 この建物は、帯広にあった公衆浴場なんだそうです。すごく立派な建物ですが、北はそれだけ、生活が厳しかったんでしょうね。
20070611081959.jpg

◎ユッタリとした展示スペース。なにしろ、ほとんど貸しきり状態なのがうれしい。
北海道の冬の山を描き続けた画家の情念のようなものを感じます。
20070611082017.jpg

◎佐藤克教現代木版画館 地元の中札内で生まれ、55歳で急逝した天才版画家の作品を見ることができます。
20070611082052.jpg

◎まるで、昆虫か深海生物を思い起こさせる、曲線が複雑に入り組んだ独特の作風。天才って、どうして早く死ぬのかなあ?
20070611082037.jpg

◎芝生広場に置かれている、青木三四郎の作品。子供の顔が、ちょっとユニークですね。
20070611081942.jpg

◎4件の美術館の入場券は絵葉書になっています。セットで購入すると、1200円。でも、それだけの価値はありますよ。
ゆっくり時間をとって、訪れてください。
20070611082106.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/597-c1cae423

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!