FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

シャトー・オー・ゲイ 2003

やっと、ワインのブログに社会復帰を果たしたような気分です。でも、旅行中の出来事を思い返したときにはボソッと思い出を書いてしまうかもしれません。そのときはどうぞご容赦ください。(ネタがキレたら良く使う手です)
インターネットでいろいろなサイトを見せていただいていると、今まで自分が全く知らない世界がそこにあったりして勉強させていただくことは多いんですが、その内容を作成している人があんがいご近所に住んでおられることが判ったときなんかスゴク親近感がわいてしまうのは私だけでしょうか?
本来、インターネットと言うものは場所や時間などの垣根を取り払うことに価値があるもののはずなんですけど、つい自分の生活圏のことが書かれている記事なんかを読んでしまうとおもわず「そうそう。」なんて相槌を打ったりしてしまうんです。
そんなホームページの一つに「普段着わいんクラブ」があります。世話人のてつんどさんは滋賀県在住。ちょくちょく京都におこしで、ワインバーや近所の居酒屋に出没されるらしいです。
それだけでなくて、実はてつんどさんの料理の腕も相当なもので、最初のころはこのレシピを目当てにホームページを覗いていたくらいなんです。(最近チョット更新が滞っていますが)
普通なら全く知らずに隣で酒を飲んでいたかもしれない人が実は知っている人だった、、、なんて面白いことですよね。
今回、お許しを得てリンクさせていただくことになりました。  どうぞよろしくお願いします。

今日のワインはボルドーの赤ワインです。
リアルワインガイドというワイン雑誌をめくっていたら、たまたま在庫していてそろそろ飲もうと思っていたワインを見つけたんです。
それなら、雑誌のテイスターさんと私の印象はどう違うのだろうかと興味がわいて、真剣に飲んで見ました。
雑誌の中にたくさん載っているワインたちからでもすぐに見つけられるくらいハデなラベルではあります。デザイン自体はシンプルなんですけどね。
色はまさにボルドー・ルージュ。赤黒ですね。真ん中部分はほとんど黒ですから、言われているように、2003年は暑い夏だったんでしょうね。香りも強い。樽香ではなくてフルーツが支配的です。ブラックベリー、スミレ、ヨード香も少しします。
インク、磯自慢(三木のりへいが宣伝していた海苔の佃煮)もありますね。酸は弱いですが、タンニンはかなりのもので、シブシブですね。でもブドウの甘みと言うものをしっかり感じます。
バランスはぜんぜん取れていないんですけど、パワーで押し切っちゃうつもりなのかな?
ここまで書いて、雑誌の記事を読んでみると、、、、同じところもあるし、ぜんぜん違う印象もあるし、、、、
まあ、私としては言いたい事はあるんですけど、所詮「味わい」なんていうものは主観的なものですから、人のことをアレコレ言うべきものではないし、それはそれでヨシとしましょうか。
いずれにしても、2003年物はやはり早すぎますね。

生産者-シャトー・オー・ゲイ
生産国-フランス
購入店-ヴェリタス
購入価格-1247円(8本セットで9980円)
20051031224407.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/65-e5091e0c

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!