FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

サヴニエール ロッシュ・オー・モワンヌ 2000

頼んでおいたピータンが中国から到着しました。何しろ、我が家では、全員がピータンフリーク。一度の食事で、最低でも5個は消えていくよなあ。

ところが、おいしいピータンを探し出すのは、けっこう難しいんです。特に中国ではね。
中国のスーパーマーケットに行くと、ピータンがほとんど棚の2列くらいをビッシリ占拠しています。種類は多種多様。生産地も千差万別。

その中で、どのブランドのものが美味しいのか? これは、価格だけでは選べないんですよ。
食べる人の好みにもよりますからねえ。「固め?柔らかめ?」「コッテリ?アッサリ?」「白系?黒系?」「鶏?鴨?」etc.etc.
まるで、フランスで、チーズ屋さんでチーズを選ぶようなものだと言ったら、わかりやすいかもしれませんね。

つまり、選択肢が多いだけに、自分の好みのものを見つけ出すには、経験と、勘が重要なのですよ。

今回、私が頼んだ条件は、「中はトロトロ、外側しっかり。白身部分の透明度が高く、黄身はできるだけ真ん中。」と言うもの。

多分、何種類ものピータンを買って、実際に食べてから選んでくれたんだと思うんですが、だいたい期待通りのものが手に入りました。
でも、これに合わせるワインには苦労するんですよね。紹興酒に良く合うので、甘口のワインには良いことは想像できるんですが、今日は、ロワールの白ワインを抜いてみました。
結果は、、、、、微妙、、、、、
もう少し、濃い目がグッドだったかなあ?

◎希望通りのトロトロ感があり、透明度も充分。これは合格点の出来具合です。
でも、どこにもブランド名が無し。次回はどうやって買うのよ?!
080120 006

今日のワインは、ロワール地方、サヴニエール地区の特級”格”畑の白ワインです。葡萄の品種はシュナン・ブラン。ちょっと、苦手かなあ?
ロワールのワインって、あんまり経験が無いんですが、知っているのは、河口側のミュスカデか、川上側の、サンセールとか、プイィ・フュメがせいぜい。
やっぱり、ブルゴーニュ、ボルドー、シャンパーニュ、ローヌの次くらいの順位になってしまいます。間違った先入観なんでしょうけれど、「薄っぺらい」イメージがあるんですよ。
まあ、これも勉強だから、チャレンジあるのみですね。

色は、黄色が強い、若草色。8年の熟成色がこれなんでしょうか?
香りは、まるで甘口のコトー・デュ・レイヨンそのもの。柔らかい蜂蜜香と、バナナ、マンゴー。
なんか、ワインを間違えたのかなあ?
恐る恐る飲んでみると、香りから想像される甘味はなく(ああ、良かった)、お出汁系のミネラルが、上品な酸とともに口の中を満たします。
少し柑橘系のニュアンスがあって、このバランスはたいしたものですねえ。
ただ、この香りと味わいのギャップは辛いものがあります。方向性がバラバラなんですよねえ。それに、やっぱり厚みがないなあ。
この生産者はどうなのかは知りませんが、もしこのワインが、最近はやりの”ビオワイン”だとしたら、「やっぱりビオはこんなものか。」と再認識してしまいそうです。
ビオって、そのほとんどが最悪!!

香りの特徴があるので、ブラインドで出されたりしたら正解率は高そうですが、「好きなの?」と聞かれたら、返事に困ってしまうワインではあります。
どうも、ロワールのワインって、キレはあるんだけど、深さを感じないんですよねえ。和食にはどうだろう?邪魔をする要素がないので、合いそうな気がするんだけどなあ。
少なくとも、本日のピータンには負けてましたけどね。(C)

生産者-ドメーヌ オー・モワンヌ 
生産国-フランス
購入店-ワイン・グロッサリー
購入価格-2970円

◎なにかのメダルをもらったんでしょうねえ。でも、それが何なのかは、良くわからず。
080119 004

◎久しぶりの、文字数の多いラベルです。ナンバリングもされていて、貴重性を強調しています。
アルコール度の部分だけ貼り直されています。予定と何が違ったのでしょうか?
080119 003
スポンサーサイト



コメント

オー・モワンヌ

サヴニエール、イマイチだったみたいですねえ。
まだ恐らく92年が残っているはずです。
私の印象では、92はぐっと良かったですし、気が向けばお試し頂ければと思います。

ただ、方向性は当然同じなので、お気に召すタイプではないのかも知れませんが。。。

PICARLEさん、マイドです。

いえいえ、けっしてイマイチではありませんでしたよ。
ただ、私の、「想定の範囲外」だっただけです。

本文にも書きましたが、どうもロワールのワインって、掴みにくいんですよ。
自分の描いていたイメージから、どこかが離れている、、、と言うのかなあ?

特に今回は、ピータンと合わせてしまいましたから、ちょっと辛かったですね。
香りそのままに、甘いワインだったらもっと良かったんでしょうけれど、、、

アドバイスの92年。次回に在庫があれば、試してみたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/735-c2d314ec

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!