FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

シャトー・ポモンヌ 1990

遅れていた年賀状の作成をしようとかなり夜遅くまでかけて(アルコールも控えて)デザインをし、いよいよプリントアウトをするだけになった時点で印刷ができないことに気がつきました。「ブラック」が全く印字されないのです。
そういえば、この前プリンタを使ったのはいつだったっけ?キャノンのインクジェットプリンタなんですが、やはりこのタイプはプリンタヘッドのクリーニングを定期的にやっておかないと詰まってしまうみたいですね。
ドライバソフトから何度もクリーニングをしてみるのですが、全然ダメ。すると、なぜか判らないのですが非常に腹が立ってきてもう少しでプリンタを叩き壊すところでした。やはり適度のアルコールの摂取は精神衛生上も非常に良い影響があるんだなあ、、と、飲酒のメリットを再認識したしだいです。
それにしても、何とかしないことにはどうしようもありません。解決策はいろいろ頭に浮かんだのですが、明日、ヤマダ電機へ行って相談してみることにします。それでダメなら会社のプリンタを一時的に借りてその場をしのぎましょう。でも不安なのは、ヤマダ電機へ行って、いったん最新型のプリンタを見てしまうと、「欲しいな、欲しいな病」が出てしまうかもしれないことです。
なにしろいままで衝動買いをして、あとから「買わなかったらよかった。(:_;)」と、後悔すること山の如し、、、ですからねえ。それに、最近のプリンタは大型化しているとの情報もつかんでいますから、置場所にも困るしなあ。

今日のワインはサンテミリオンの赤ワインです。
1990年と言うことで、15年も前のヴィンテージと言うことで熟成感に期待してしまいますね。
エッジにはまだ枯れた色は出ていません。さすがに輝くような煌きは無くなっているものの赤黒、にごりも出ていません。
粘性が少し感じられるので、まだまだ元気印のような気がします。
香りは面白いことに獣肉臭がします。あとは、インキ、湿った枯れ草、チョコレート。サンテミリオンですからメルロー種が主体だとは思うのですが、カベルネが多いのでしょうか?
そういう点では熟成が進んでいるのでしょうか?口に入れると、、、アレレ、何かへんです。酸味とタンニンの渋みは非常に薄い。そのくせ、苦味のような余分なものがあるようです。
アルコール度自体は十分あります。十分と言うよりケッコウきついですね。
熟成によりバランスが良くなる、、、、と言う雰囲気は無く、みんなが勝手な方向に勝手に歩いて行っちゃった、、、と言うイメージです。そう言えば、ラベルも斜めにケッコウいい加減に貼られているし、、
この年はボルドーの当たり年ということで評価は高いはずですが、やはり作り手で選ぶべきなんでしょうかねえ。、
それとも、しばらく置いておけば開いてくるんでしょうか? 三分の一くらい飲んでそのままになってしまいました。(飲む気分消失)
追申-翌日再挑戦したのですが、結果的に良くなりませんでした。

生産者-シャトー・ポモンヌ 
生産国-フランス
購入店-セラー専科
購入価格-2838円

DSCF0739.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/81-781b90ef

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!