FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

シャトー・コルバン 2000

新幹線に乗っています。今は朝の7時。
確か昨日は職場で「仕事納め」をして、一杯飲んで、知り合いのお好み焼き屋さんでも今年のお礼を言いながらしこたま芋焼酎を飲んだはずなんですが、今は完全に仕事モードです。
スーツも着てますしね。
そりゃあ、世間が何であろうと、お客様からの呼び出しがあればなにをさておいても駆けつけるのがセールスマンの務めですもん。
周りが楽しそうに帰省だなんだと騒いでいようが、関係なし。
「仕事だ!!」の一言で全てかたがつくなんて、、、寂しいなあ。
でもねえ、今、周りを見回してみれば、けっこうスーツ族も多いんですよ。こんな時期でもみんな仕事してるんだなあ。俺だけじゃあないんだなあ、、、なんて思うと気持ちも落ち着くと言うもんです。
今日の東京行きの新幹線はけっこう空席もあって楽なんですが、明日の午後の関西行きの空席はゼロだと言うことなので、帰りはずっと立ったまま2時間半を我慢しなければいけないかもしれません。
あ~あ、隣の熟年夫婦は今から行くオーストラリアの話で盛り上がっていると言うのに、、、、イカンイカン、、仕事だ仕事だ。俺もいつかはみんなが仕事で汗を流しているときに、ハワイかイタリアのリゾートでシャンパンを片手に、美女を隣において、の~んびりとやってやるワイ。(ほとんど泣いてますけど)

今日はサンテミリオンの赤ワインです。典型的なボルドーボトルに長いコルク。真ん中にシャトーと思しき建物が描かれたこれまた典型的なボルドーのラベル。
2000年はボルドーの優良年と言うことですが、ちょっと早いかも、、、、なんて思いながらも抜栓しました。
色は赤黒。鮮やかな、、、と言えないのは濁りがあるからで、すでにオリが出始めているのでしょうか?香りは樽香が支配的です。そのあとから完熟プラムとか、黒スグリとかの黒系果実の香りが上がってきます。華やかな香りバンバンという感じではないですね。
口に含むと、アタックはやわらかいのですが、そのあとからジワッとタンニンが押し寄せてきます。果実の甘みはさらにそのあとからちょっとだけ。渋々で飲めたもんじゃない、、、というものではないですが、「う~ん。」とうなってしまうものでもないですね。
前回のサンテミリオンのような「飲みにくさ」は無いものの、「それでどうしたん?」と聞かれれば、「うん、べつに、、、」と答えてしまう、私にとってはそんな位置付けのワインですね。価格を考えれば、むしろ「ううん、違う。」というべきなのかもしれませんが、、、、
やはり、これは開けるのが早すぎたんでしょうか?それとも、もともと古酒好きだと人に言われている私の嗜好に合わなかっただけなのでしょうか?そういう点で、ボルドーって難しく感じてしまいますね。
念のため、二日ほどかけてゆっくり行ってみます。

追伸-少し果実味が開いてきたように思います。甘みが増してきたような、、、

生産者-シャトー・コルバン 
生産国-フランス
購入店-ワイン・グロッサリー
購入価格-4200円

DSCF0740.jpg

スポンサーサイト



コメント

おはようございま~す。

今日も今日とて寒い~です。

まなゆうさんもお身体にはご自愛頂き

良い新年をお迎え下さい。

ps,呑み過ぎにはご注意。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/85-29c18cb9

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!