FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

サン・ペレ ブラン キュベ・ボワゼ 2001

どうしてこんな日程を決めてしまったのか、当日になっても判然としないのですが、1月4日と言う日に定期的な尿、血液検査の予約を入れてしまいました。
毎年の正月三が日は連日の飲み続けで、きっと血液はドロドロになっているはずなのに。たしか予約を決めた理由は、そんなドロドロの血液がどんな成分になっているかを知りたいと言う「怖いもの見たさ」があったんだと思います。
でも、さすがに前日になると「数値が悪くて禁酒命令が出たらどうする?」と言う、最初の気持ちとは裏腹の考えが脳裏をよぎり始めたんです。もし、そんな命令が出たらこのブログが続けられなくなるじゃあない、なんてことも思ったし。
そんな葛藤の挙句、最初の意気込みはどこへやら、1月3日は急遽「休肝日」となったわけです。われながら意志が弱いよなあ。
私の弟は医者なんですけど、彼が言うには、たった一日の休肝なんて意味が無いそうです。休肝をするのなら連続三日くらいは必要だとか。そんな長期間はとても我慢できないので、今まで休肝日なんて作ったことが無かったのに。
ただ、その前日の2日は夜から実家に集まった兄弟たちでマグナムのシャンパン、白、赤あわせて6本くらいは空けたのかなあ?(すでに記憶が無い)
さすがに3日の朝は気分が悪かったのは事実です。まあ、結果として肝臓も脂肪も尿もすべての数値に異常が無く、良かったわけですが、今となっては逆に変な自信がムクムクと沸いてきています。
今年は今まで以上に飲みますぜい!! 

今日はローヌの白ワインです。正月も三が日が過ぎると身体が「もう堪忍してよ。」といっているのが判るくらいに酒びたりになるものですが、今年はそんな理由で健康そのものです。
でも、おせち料理なんかが余ってきていてそれを片付けることが要求されているので、やっぱり白をチョイスしました。
コルナスは北ローヌ地方ですが、そこの白ワインですから、やっぱり品種はマルサンヌやルーサンヌでしょうか?
色はキラキラ輝く金色。きれいです。香りは南の果物そのものです。パイナップルやマンゴー、蜂蜜。それに樽香も。
口に入れると、香りから想像していたのに反して甘みは少なく、苦味とも取れる舌を刺す感触があります。結構辛口ですね。でも、いやみな甘みがあるよりはこれだけスッキリと味が切れるほうが和食には合うように思います。
おせち料理にも対応できます。このワインだけだと飲み飽きてしまうように思いますが、あわせる料理を選べば結構良いんじゃあないでしょうか?

生産者-アラン・ヴォージュ 
生産国-フランス
購入店-ヴェリタス
購入価格-2380円
DSCF0750.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/90-71ba2acb

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!