FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

スコッチマンズ・ヒル ピノ・ノアール2002

いやあ、スバラシイ!! 京都の伏見工業高校がラグビーの全国高校大会で優勝しました!!
テレビドラマ「スクールウォーズ」の原作となったことは、もう皆さんよくご存知の高校ですが、正直に言うと、今年は優勝はダメだろう、と思っていました。
特別に優れた選手がいるわけではなく、体格も小さいほうでしたから。でも決勝戦を見ると、たしかにモールでは押されっぱなしでしたけど、横への展開の速さと正確性は抜群でした。タックルも鋭かったし。
これには桐蔭学園の重量級の選手はついて来れなかったようですね。前半の相手の反則にも助けられて試合展開自体は終始リードしたままでしたから、ハラハラドキドキはしなかったのですが、さすがに最後のトライ、キックを決めた直後のノーサイドのホイッスルを聞いたときの選手たちの態度に感激しました。
勝った選手たちは喜びの涙。負けた選手たちは悔しさの涙。同じ涙でもその味は違うんでしょうけど、その両者が相手をたたえあって抱き合い、泣きあう、、、、山口総監督は泣き虫の先生として有名ですが、私もこの瞬間には涙をこらえられませんでした。
スポーツですから、勝負をして結果的には勝ちと負けがあるのですが、こんなすがすがしい気持ちになるなんて、、、、みんながひたむきにベストを尽くした結果だからこんなに気持ちよく泣けるんでしょうねえ。
今年の正月で一番大きなものをもらったような気になりました。ホントにおめでとう!! 伏見工業高校!!

今日のワインはオーストラリアの赤ワインです。
オーストラリアでピノ・ノアール品種なんて珍しいですね。もともと暖かいオーストラリアでどんなワインになるのでしょうか?
明るい目の赤黒、透明感強し、、、こんな感じの色です。さらりとした印象です。香りは樽香が強いですね。でも、その横から若々しいブドウ、あんず、酸っぱいジャムの香りが来ます。
口の中では、これまた若い、未熟感のあるイチゴ、さくらんぼの酸っぱさが広がります。タンニンは酸味に押されながらもちゃんとありますね。いやあ、、これってまっとうなピノではないですか。調べてみると、産地のGEELONG(ジーロング)と言う場所はメルボルンから南へ行ったところで涼しい場所のようです。
う~ん、オーストラリアにもこんな場所があるんですねえ。ピノ・ノアールという品種は育てるのが難しい、と言われていますが、アメリカのオレゴン、ニュージーランドなど比較的涼しいところでおいしいピノを作る場所が出てきていますが、これからの地球温暖化を考えると、全地球的にワイン産地になってしまうのではないでしょうか?これって、私たちワイン愛好家にとって良いことなんでしょうか、嘆くべきことなんでしょうか?少なくとも、御本家フランスは面白くないでしょうね。

生産者-スコッチマンズ・ヒル ワイナリー 
生産国-オーストラリア
購入店-カーヴ・ド・リラックス
購入価格-3129円
◎ここまでシンプルなラベルは最近ではかえって新鮮ですね。
20060107220143.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manauwine.blog7.fc2.com/tb.php/94-fc00683e

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!