FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

新京極 スタンド -フラッと入って、フラッと出る-

そういえば、このブログで全く書いていないお店でしたね。新京極のスタンドさん。
あまりにも当たり前のことだったので、あえて書くこともないかなあ?? なんて思ってましたよ。

この日も、錦市場で買い物をした帰りに立ち寄ったんですが、お客の半分は常連さん、そしてあと半分は観光客さん。
観光客の皆さんは写真を撮りまくっておられましたが、我々常連はそんなことに構いもせず、いつものゆったりとした時間を楽しんでおりました。

◎この外観からしてもう、、、大正の香りがプンプンしてますね。
181012g7.jpg

◎入るやいなや、いつものおばちゃんに指差しされて座るのは対面カウンター。
181012g4.jpg

◎壁のタイルが、、、良い色出してますね。
181012g5.jpg

◎さあ、何で始めようかなあ?
181012g2.jpg

◎きずし、、、
181012g1.jpg

◎すじ肉煮込み(こんにゃく)、、、
181012g3.jpg

◎バイ貝ですね。ハーパーのハイボール、、、コスパ高いです。
 でも、それには、おばちゃんへのウインクが要りますけどね。

 それにしても、、、この勘定書のチェックが相変わらず解読不可能です。
181012g6.jpg
スポンサーサイト

にしのよしたか的誕生会@ボッカ・デル・ヴィーノ -俺の秘蔵のワイン達があ~!!-

「誰も、俺の誕生日を祝ってくれへん。」とスネている西野さんが可哀想になったので、京都へ呼び出して誕生会をやってあげました。←偉そうに言うねえ
場所は、彼のリクエストで”ボッカ・デル・ヴィーノ”。予約から彼に任せたのですが、、、これが結果的に大間違いやった、、、

まあ、お料理の方は良いとして、出てきたワインがほとんど私の秘蔵のワインだったんです。俺、そんな話聞いてへんのやけど、、、

でも、もう後の祭り。こうなったら、ひたすら彼よりもたくさん飲むことに徹する私なのでした。

◎四条木屋町を下がって、このレンガ造りの建物が現れたら到着です。最近は看板もできたので間違うことはなくなりました。
181006g1.jpg

◎改装予定があると聞いていた店内ですが、まだ着手していないみたいですね。
181006g7.jpg

◎暑い時期だったので、まずは泡から。西野さんはすでにスプマンテをやってはりました。←フライングやんけ!!
181006g2.jpg

◎お料理は西野さんが選んでくれたので、私はノータッチ。魚とお肉の上手い組み合わせでしたよ。
181006g3.jpg

181006g5.jpg

181006g6.jpg

181006g8.jpg

181006g10.jpg

181006g11.jpg

181006g12.jpg

181006g14.jpg

181006g18.jpg

181006g19.jpg

◎ところが、ワインは何も言わないのに次から次へと出てきます。そして、それは私の千社札が貼られた私の秘蔵のワイン達。
 そんな話、、、聞いてへんがな!!

 最初のボトルが出てきたときに、西野さんと野宮シェフが意味深な笑顔を交わしていたのはこういうことだったのか!!
181006g4.jpg

181006g9.jpg

181006g13.jpg

181006g15.jpg

181006g16.jpg

181006g17.jpg

◎悔しいので、いつもよりたくさんグラッパを飲んでしまった。

 あっ、そうだ!! 今日は俺のおごりだったんだ!! これまた大失敗やあ!! 
181006g20.jpg

181006g21.jpg

露菴 菊乃井 -盛夏の美味しい音-

真夏の頃の”露菴 菊乃井”。あのときは暑かったなあ。
でも、いくら暑くても、あの音だけは聞かなくては、、、

◎四条木屋町下がる、、、すぐです。
181003g1.jpg

◎いつもは写真館でお楽しみいただくのですが、今回はお料理の簡単な説明をつけてみました。
 
 まずはプファ~!! と、グビリ! このグラス、めちゃくちゃ薄いです。
181003g3.jpg

◎無花果西京煮 辛子あん 糸鰹
181003g2.jpg

◎眼の前では、丸山さんが鯛のお刺身を。
181003g4.jpg

◎ほおずき盛五種 寄せ鱧の子、鶉卵煮凝、ささげ黒胡麻和え、山桃葛饅頭、など
181003g5.jpg

181003g6.jpg

181003g7.jpg

181003g8.jpg

181003g9.jpg

◎お酒はいつもの”菊乃井 純米酒”
181003g10.jpg

◎明石天然鯛、太刀魚、水茄子、黄韮、山葵
181003g11.jpg

◎丸山さんは鱧の骨切りをはじめましたよ。この音が聞きたかったのです。
181003g12.jpg

[広告] VPS


◎鱧落とし 梅肉醤油 色が少しくすんでいるのは、ほんの一瞬だけの湯通しだから。ほとんど生です。
181003g13.jpg

◎この蓋、、本物なんですよ。器に大きさを合わせるのは大変でしょうねえ。
181003g14.jpg

◎賀茂茄子の揚げ出し 車海老のつみれ、唐辛子
181003g15.jpg

◎パッションフルーツと山葵のソルベ このワンクッションがエエんですよねえ。
181003g16.jpg

◎ここで、丸山さんから刺し身包丁の使い方のレッスンが、、、こういうのが嬉しいのよねえ。
181003g17.jpg

◎鱧木屋町焼き 蓼おろし
181003g18.jpg

◎葛素麺 車海老艶煮、花付胡瓜、茗荷、冬椎茸
181003g19.jpg

◎このお料理、、、、内容を忘れちゃいました。ごめんなさい。
181003g20.jpg

◎鮎御飯 蓼粉
181003g21.jpg

◎これがなんとも言えない味わいでしたね。ほろ苦い甘い、、、とでも言うのでしょうか。
181003g24.jpg

◎赤万願寺唐辛子のすり流し 蓮根餅、七味
181003g23.jpg

◎お漬物も美味しかった。 例によって、甘いものはパスでした。

 春の小さな鮎が大きく育って、今やその味のピークです。でも、秋の落鮎も捨てがたい、、、またここに、訪問確定です。
181003g22.jpg

高級すもも 皇寿 -まなゆう的楽しみ方-

最近、果物にハマっています。理由は、ある人から高級果物を扱うお店を紹介していただいたから。
そのお店の名前は”和田”さん。西大路七条の交差点を東に行けばすぐ見つけられますよ。

実は、ワタシ的には初めて知ったわけですが、お店の人と話をしていると、私の父親も結構お世話になったらしいのです。
でも、不思議なことに、我が家ではそんなに美味しい果物を食べたことがない、、、

父親は、買った果物をどこへ持って行っていたんだろうか????

そんな和田さんですが、店主の眼鏡にかなった果物が入荷したら電話をくれるように頼んでおいたところ、早速着信が。
速攻でお店に突入です。

◎今回連絡をもらったのは、山梨県産の”皇寿”と言う品種のすもも。
180923g3.jpg

◎かなりの大玉です。
180923g4.jpg

◎それを、この店を紹介してくれたある人の食べ方は「グジュグジュになるまで放置プレー。その後は、食べるんやないで。飲むんやで。」

 そうかあ、、、飲むのかあ、、、それならいっそのこと、こうしてみようかあ、、、グラッパをドーピングです。イヒヒヒ、、、、
180923g5.jpg

◎数日間は冷蔵庫で保管。そして、グジュグジュになったところで取り出してみると、、、、
 ホンマやあ!! これは飲めるでえ!!
180923g1.jpg

◎不思議なことにアルコール分が飛んでしまったように感じるので、更にグラッパを追加。
 かなり満足できるカクテルができましたよ。 名前を何にしようかなあ???
180923g2.jpg

聖護院 嵐まる -釣り物ビワマスに舌鼓-

いつも、美味しいお魚を堪能させてくれる嵐まるさん。そんな魚の中でも、大将が自分で釣り上げた魚はどうしても食べたくなります。

ある日、何気なくブログチェックをしていると、大将のブログに思わず釘付け!
なんですとう!!?? ビワマス~!!??

早速お店にダッシュです!!

◎お店は静かに営業中。でも、私の方は気が焦って、焦って。
180909g1.jpg

◎いつものように、カウンター中央の席に陣取ります。眼の前には、これまた美味しさ満点の魚たちが、、、
 でも、今日は君たちじゃあないんだよ。ゴメンね。
180909g15.jpg

◎そうです! この、大将が釣り上げたビワマスを食べねば!!
 (大将のブログから写真を拝借しました。スンマソン)
180909g21.jpg

◎焦る気持ちを落ち着かせるために、まずは一杯。
180909g2.jpg

◎つき出しの三種盛りです。もう、時期は大文字さんだよなあ、、、
180909g3.jpg

◎カウンターの上にあった”しろ海老唐揚げ”を。さすがに”富山湾の宝石”ですねえ。
 パリパリと塩気のマッチング。
180909g4.jpg

◎そしてやってきました、お刺身が。ビワマスと”活ハモの落とし”のコンビです。
180909g5.jpg

◎そのビワマスですが、背身も、、、
180909g6.jpg

◎腹身も弾力パンパン。甘さが半端ないし、それでいながら、サラッと切れる脂。

 養殖のサーモンや鱒とは全く別物ですね。これは”目から鱗”でしたよ。
180909g8.jpg

◎ここまで男性的な肴を相手にできるだけの酒は、、、いも焼酎かな?

 黄金千貫じゃあない芋(タマアカネとサツママサノリ)を使ったこの二本のいも焼酎を選んでみましたが、なかなかの好相性。
 特に、黒木本店の”謳歌”は私の好みです。
180909g7.jpg

180909g9.jpg

180909g10.jpg

180909g11.jpg

◎こうなったら、海の魚も食べたくなりました。”のどぐろ塩焼き”です。
180909g12.jpg

◎こちらもすごい! お箸でつまんだだけで、身から脂がジュワ~っと湧き出してきます。
 うまくないわけがない!!
180909g13.jpg

◎このままでは興奮して走り出しそうになってしまうので、落ち着くために”バイ貝旨煮”を。
 〆には何を頼むべきか、、、
180909g14.jpg

◎”ハモと松茸のにゅうめん”です。メニューにはなかったけれど、無理やりリクエスト。
180909g16.jpg

◎私にとっては今年最初の松茸ですねえ。ああ、この秋の丹波松茸はどうなんだろうか?
180909g17.jpg

◎大満足で帰宅です。でも、手にはこんな折り詰めが。
180909g18.jpg

◎そうです。ビワマスの握り寿司をお持ち帰り。
180909g19.jpg

◎こうやってよく見ると、ピシッと割れたシックスパックがマッチョですねえ。
 思わずよだれが、、、、、
180909g20.jpg

 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad