FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

松月 -名古屋名物 ひつまぶし-

私の好きな作家さんの作品展があるということで、名古屋栄町のデパートへ。
相変わらず、まるで男性のような力強いタッチと女性ならではの細かな仕事を、眼で堪能いたしました。

思わず、二点ほどお買い上げです。さてさて、どこに飾ろうかなあ?

このまま京都に帰るのもなにかもったいない気がしたので、どこかへ寄り道して帰りましょう。

◎福本百恵さん、、、最近では賞を取る回数も増えて、いよいよ脂が乗ってきていますねえ。
191111r1.jpg

◎地下鉄に乗ろうと地下街を歩いていたら、こんなお店を発見。
 「ひつまぶしかあ、、、いっちょしばいてみるかあ。」
191111r11.jpg

◎メニューはこんな。隣りに座ったバックパッカー風のお兄さんがひつまぶしを注文したのでそっと様子を見てみると、すごいボリュームですやん?!
 私は思わず”ミニ”を注文です。
191111r2.jpg

191111r3.jpg

◎ビールを飲みながら待つことしばし。
191111r4.jpg

◎私の”ミニ櫃まぶし” 着弾です。
191111r6.jpg

◎いつものセオリーに従って、まずはうなぎをそのままガブリ。
191111r5.jpg

◎次に、お茶碗にご飯とうなぎを移してから、薬味を載せてかき混ぜてガブリ。
191111r9.jpg

◎最後に、お出汁をかけて雑炊風にしてズルズル。これが正しい”ひつまぶし三段活用”です。←ホンマか?
191111r7.jpg

◎このセットには”肝吸い”もついてきますよ。
191111r8.jpg

◎なかなか大ぶりの肝をガブリ。全部、ガブガブと一気食いしてしまいました。 
 う~ん、満足度高し。
191111r10.jpg

レスト このしろ -海を眺めながらホッコリできます-

ちょっとストレスが溜まっていたある休日。丹後縦貫道を昔のラリー仲間と車を飛ばしていて、その延長で丹後松島展望台まで足を伸ばしたところで発見したのがこのレストランなんです。

私は普段は昼食を食べないんですが、休日は別。←そのかわりに朝食を抜きますけどね
ちょうど連れが「腹減った~!」とガナリだしたところというタイミングもあったんですが、何故か引き込まれるようにインです。

店内からは丹後半島と海がきれいに見えます。そして、メニューを見てもわかるように素人っぽさが満載。
ところがところが、量、味ともに満足感で一杯になりました。

更に、私は午後からの運転は連れに任せることにしてビールをブハァ~!

たまにはこんな休日も良いものですよねえ。明日から、、、また頑張ろう!

◎この”手づくりごはん”という文字に呼び込まれたんですねえ。しかも、営業日が金、土、日、月という変則性。
 平日はお客がいないんでしょうか?
190219g8.jpg

◎外観はかなりくたびれた印象がありますが、海側のカウンターに座れば目の前は一面が海です。
190219g7.jpg

◎メニューはこれだけ。
190219g6.jpg

◎私は早速ビールでホッコリ。
190219g1.jpg

◎連れがハンバーグを選んだので、私は”鶏すき焼”を。
 ドド~ン!と、登場です。
190219g2.jpg

◎女将さんらしき人も完全に素人っぽいのが返って新鮮ですねえ。
 そして、このお惣菜の味付けが家庭料理なんですよ。
190219g4.jpg

◎鶏すき自体もボリューム満点。ご飯のおかわりもできるようです。←私はしませんでしたが
190219g3.jpg

◎お味噌汁の味は見た目よりは遥かにしっかりとしていましたよ。

 次回も再訪したいお店を発見してしまいました。 みなさんも、丹後へ来られたら是非どうぞ。
190219g5.jpg

うなぎ いっせい -奴の言葉どおりのお店-

私の会社関係者に、昨年ガンで彼岸へ旅立った奴がいるんですが、そいつがいつも「まなゆうさん、私が保証しますから、、、私が連れて行きますから、、、」と言っていたお店です。

まあ、口先だけの奴だとわかっていたので「まあ、時間ができたらね。」と適当に返事をしていたのですが、、、
今にして思えば、、無理矢理にでも「おい! 連れていけや。」と言うべきだった、、、、

そうすれば、ちょっとでも多くの思い出を作れたのに、、、あの野郎め、ホンマに許せんなあ、、、←許せんのは自分自身やろう

でも、ちょうど一周忌が過ぎた頃、ぼんやりと奴を思い出していたら、その連れて行ってやるというお店へ行ってみたくなったんです。
もしかしたら、奴が誘ってくれたのかも?

お店の名前は”うなぎ いっせい”。物集女街道を嵐山から下がってきた所の交差点にあります。
ビルの二階で小さなお店やから「予約は絶対ですねん。」、、、そう言う取ったなあ。

ですから、私も「一人なんですが、、、」と予約をしてでかけてみましたよ。
そして、奴が「保証します。」と言ったうなぎを食べましたよ。

美味かった。 ホンマに美味かった。
奴も、たまにはホントの事を言うんやったんやなあ、、、見直したでK(あえて呼び捨て)。
、、、もう遅いか?

◎阪急の上桂駅から西に歩いて数分、山田口という交差手にあるビルの二階です。
 お店のおばちゃんがすごく親切で、親しみが持てますねえ。こういう点も、奴が好きだったところかな?180914g1.jpg

◎メニューはこんな。値段の違いは、単にうなぎのボリュームの違いだそうです。
180914g2.jpg

180914g3.jpg

180914g4.jpg

◎私は中庸な”鰻重定食”をリクエスト。3210円なり。
 お酒は”八海山 純米吟醸”をお願いしたのですが、写真を取り忘れ。

 実は、このときすでに奴の思い出と重なって、涙腺が緩んでしまって困ったんです。
180914g5.jpg

◎江戸前の焼き方です。蒸してから焼く。ふっくらと感じるのはそのあたりの理由でしょうかね?
 私自身は、それほどうなぎを食べないんですが、何か、特に美味しく感じました。←奴のせいかな?
180914g6.jpg

◎”うざく”がついてきます。それほど酸味が強くないので、私でも問題なし。
180914g8.jpg

◎お味噌汁は肝吸いに変更できます。やっぱり、こっちを食べたいよねえ。
180914g7.jpg

◎書き忘れてはいけないのは、このお漬物。何気ない存在感ですが、これがとても美味しかったんです。
 隠れた主役? それとも、、、、これこそが、奴が好きだったのかなあ?  もう聞けない、、、、
180914g9.jpg

フィッシングショー大阪 2018 -情報収集、そして美味しいうどん屋へ-

今年も開催されましたフィッシングショー大阪。場所は例年通りのインテックス大阪です。
いやあ、釣り好きにはたまらないイベントですねえ。各社の新製品がてんこ盛りですからね。

かく言う私は、今年も一般公開日の前日の業者デーに参戦。じっくりと、今年のトレンドをキャッチしてまいりましたあ!

そして、帰り道の梅田界隈では、大阪駅前第三ビル地下の”うどん棒”さんで、美味しい讃岐うどんをしっかりと堪能。

やるべきことが見えてきたような気がするショーでしたねえ。よ~し、今年も釣りまくりまっせ~!!

◎今年のキャッチは渓流釣りですねえ。色の使い方やキャラクターは毎年一緒やけど。
180205g 143

◎館内は業者デーだというのに熱気がムンムン。これじゃあ、一般デーと変わらんがな。
 相変わらずの、シマノとダイワの2強のブースを中心に各社各様の新製品が”これでもか!!”状態です。
180205g 147

180205g 153

◎ルアー(疑似餌)はカラーがどんどん増えてきていて、ますます目がまぶしい。
 こんなん、お魚はどう思って食いつくんやろうか?
180205g 150

180205g 152

◎今年の展示で一番びっくりしたのが、この巨大な鮎。すさまじい迫力ですわ。
180205g 146

◎ショーの詳しい内容は専門誌の記事を読んでいただくとして、私は欲しい情報をピックアップしてすたこらさっさと退散です。
 そうそう、ひとつだけ言えば、今年のキーワードは”フォール”ですよ、、、皆さん。

 そして、梅田へ出たならかなりの確率で訪れるのが、大阪駅前第三ビル地下の”うどん棒”さんです。
180205g 166

◎本店は四国にあるそうですが、私は行ったことがないなあ。今度、探してみようかなあ?
 このお店は、自宅の近所の山元麵蔵くんのお店と同じくらい活気がありますね。店員さん(おばちゃん主体)もすごく元気で気持ちがエエです。
 
 お店に入れば、お決まりの泡からですね。
 今日も展示会場をかなり歩いたのでヘトヘトです。ビールが美味い!!
180205g 156

◎そして、私が選んだのは”温玉おろしうどん”。ルックスはおとなしめですけどね、、、
180205g 159

◎うどん棒さんの冷たい麺はかなりの剛麺ですよ。噛み締めても、ドドン!と押し返してくる力はハンパやおまへん。
 これこそ、本物の讃岐うどんの底力ですわ。梅田で感じる讃岐、、、言うことないですね。
180205g 161

寿司幸 本店@銀座 -貫禄で負けました-

祇園甲部で大変お世話になっているお茶屋さんの多麻さんのおかあさんと銀座デートです。
向かうはおかあさんのなじみのお店”寿司幸 本店”。

私にとっては初めての訪問でしたが、私がなじみの銀座のバーの目と鼻の先であることを発見。
今夜顔つなぎができれば、次回からはここも選択肢に入りそうですね。

二階席もカウンターだというお店の造りに少しびっくりしましたが、その二階の席でとっても美味しい江戸前をいただくことができました。
これは、、、やっぱりおかあさんに感謝することしかないですねえ。

◎周りの喧騒とは切り離されたようなお店の雰囲気です。
180124g 073

◎初めてのお店は、、、やはりちょっと緊張しますよね。しかも、そこがおかあさんの馴染みだとなおさら、、、
 180124g 074

◎おかあさんの「なにかええもん食べさせておくれやす。」の一言で出されたつまみはこんな。
 小柱、煮鮑、鰺たたきです。びっくりするような味ではないのですが、サラリと出してくるところが憎いねえ。
180124g 075

180124g 079

180124g 084

◎偶然なのかどうなのか、今日のお相手はおかあさんも馴染みの支店の大将だそうでした。
 話も弾みますよね。
180124g 119

◎この後続いて、細魚、、甘鯛の刺身、鯛の塩焼き、玉子など。飲ませてくれますねえ。
180124g 085

180124g 087

180124g 088

◎たまたま隣に座っていたオーストラリアからのいとこ同士の兄ちゃん達とも和気あいあいに。
 彼らは、これからニセコへスキーに行くそうです。そういえば、オーストラリアは夏やんなあ、、、
180124g 090

◎さあ、ここからは握っていただきましょう。きれいな鮪のプレゼンからスタート。
180124g 091

◎中トロと漬けです。江戸前と言えば鮪なんでしょうねえ。私はあまり感激しないのですが、さすがに銀座で食べる鮪は特別な味がしました。
 銀座と言う貫禄に負けちゃったんだなあ。
180124g 092

180124g 095

◎大将の流れるような指先に、目が釘付けです。
180124g 096

◎そのあといただいたお寿司はこんな。どれも言うことなしですね。
180124g 097

180124g 099

180124g 103

180124g 113

180124g 117

180124g 121

◎ただ、シャリはそれほどお酢が効いているわけでもなかったですね。この点は、やはり”新ばし しみづ”の赤酢が好みかなあ?
180124g 122

«  | HOME |  »

Calendar

« | 2020-01 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!