まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

EK016便 -テイクオフまで-

心地よいラウンジでの滞在だったのですが、搭乗時間になりました。ゲートへ向かいましょう。

ヒースローよりは小さいとはいえ、ここガトウィック空港も充分すぎるくらいの規模ではあります。
移動には結構時間がかかりました。

そして、110番ゲートからEK016便のA380に搭乗。いつもの笑顔に出迎えられながら、いつもの景色の席に腰を落ち着けました。

◎よく見たら、エミレーツラウンジはコンコースより一つ下の階にあったんですね。誤解してました。
180707g1.jpg

◎ここも広い空港ですねえ。
180707g2.jpg

◎しばらく歩くと、かなりむこうにこの機影を発見。まだかなりあるなあ。
180707g3.jpg

◎ようやく110番ゲートに到着です。
180707g4.jpg

◎さあ、乗り込みましょう。
180707g5.jpg

180707g6.jpg

◎ボーディングブリッジも、二階建てのA380のために一階用と二階用のダブルがあります。関空にもA380が飛来する時期が迫っているのですが、果たしてこの装備は用意されるのだろうか?
 一抹の不安は残りますが、、、
180707g7.jpg

180707g9.jpg

◎今回の席は3A。装備品はすでにおなじみの物ばかりです。
180707g13.jpg

180707g8.jpg

◎このノイズキャンセリングフォンも、いまやソニーの敵ではありませんね。
180707g10.jpg

◎ウィルカムドリンクはお約束のドンペリ06。
180707g11.jpg

◎そして、儀式もこなしましょう。
180707g12.jpg

◎さあ、テイクオフです。さよならイギリス。楽しい時間をありがとう。
180707g14.jpg

エミレーツラウンジ at ガトウィック空港 -どこでも同じ光景が-

さあ、帰国の途に就きましょう。西田さんの見送りを受けてホテルを出発。
目指すのはガトウィック空港です。

どうしてヒースローじゃあないのかって? それは、、、、単に私がヒースローを嫌いなだけなんですけど、、、
あんなに建て増し建て増しをすりゃあ、あそこまで混乱するのもわかる気はしますけどね。

幸いなことに、わがエミレーツはガトウィック空港からも、もっと言えばエジンバラ空港からもドバイに向けての便があるんですよ。
これってすごいことですよね。でも、イギリスは旧宗主国だから当然なのかなあ?

搭乗時間までの間は、いつものようにラウンジで過ごすのですが、エミレーツのラウンジって、ドバイを除けばすべて同じ造りなのには驚かされます。
ミラノでも、パリでも、、、そしてここでも、、、

◎ロンドンの二階建てバスもしばしの別れですね。180705g2.jpg

◎例によって、エミレーツの送迎サービスを利用します。今日のドライバーはザビエルさん。アゼルバイジャンから来たそうですが、私もアゼルバイジャンの人と話をするのは初めて。
 ロンドンでの生活は快適だそうですが、最近のイスラム国問題で肩身が狭いのだとか、、、
 イギリスも、歴史的に見ても多民族国家なんですねえ。

 それにしても、、、ムスリムは戒律が厳しいと聞いているのに、髪の毛を真っ赤に染めるのは問題ないんだろうか?
180705g1.jpg

◎少し小ぶりのベンツEクラスでしたが、なかなか快適な1時間のドライブでした。
180705g3.jpg

◎チェックインカウンターのすぐ外にまで車を乗り入れてくれたので、あっという間にチェックイン完了です。
 でも、写真に写っている黒人の彼がやけにもたもたしているのでイラっとしたら、すかさず横の女性が「彼ってバカンスから帰って来たばかりなのよ。まだ、頭の中はカンヌなの。」ですってさ。
 なんの慰めにもならない言葉でしたけどね。
180705g4.jpg

◎ファーストクラスの乗客はプレミアムなレーンを通れるのですが、その入り口に書いてあったのは「5ポンドで利用できます。」という文句。
 イギリス人もやりますなあ。
180705g5.jpg

180705g6.jpg

◎免税品店はたくさんありますが、その通路は狭くて、しかもわざわざクネクネさせています。
 お客の足を遅くする作戦が見え見えですな。ここでも、イギリス人はやりますなあ。商売っ気、満載です。
180705g7.jpg

180705g8.jpg

180705g10.jpg

◎ふと窓の外を眺めれば、、ヴァージンの機体を発見。そういえば、ここガトウィック空港はヴァージンのハブだったんだ。
180705g9.jpg

◎ようやくラウンジがある階に上がれるエレベーターホールに到着です。
180705g11.jpg

◎そして、ここからは定番のエミレーツワールドが目の前に、、、
180705g27.jpg

◎軽食が並ぶ、丸いバーカウンターも、、、
180705g15.jpg

180705g16.jpg

◎ホットミールが長四角の容器に入って並んでいるのも、、、みんなどこかで見た光景です。
180705g17.jpg

180705g18.jpg

180705g19.jpg

◎さて、泡を軽くやってから、、、
180705g12.jpg

◎ここでも、具沢山のスープのお勉強です。
180705g13.jpg

180705g14.jpg

◎続いて、バーからはこんな二品。
180705g20.jpg

180705g21.jpg

◎ワインはこんな赤と白。やっとまともなワインを飲むことができました。だって、イギリスで出てきたワインは全てがニューワールドクラスでしたからね。←決して、ニューワールドを美味しくないと言っているわけではありません
180705g22.jpg

180705g24.jpg

◎メインは、スズキの香草焼きです。
180705g25.jpg

◎そして、、、西田さんに教わったジントニックの復習をやってみました。どうしても甘くなっちゃうのよねえ。
180705g26.jpg

◎やはり、ゆったりとした空間です。テーブル間の距離も長いので本当にゆっくりできます。
 ラウンジとは、本来このような空間のことを言うんでしょうねえ。ANAさんも、見習ってほしいなあ。
180705g23.jpg

デュークス・バー 再び -ヴェスパー ボンド・マティーニに酔う-

明日はもう帰国の途につくわけですが、再度デュークス・バーを訪問です。
西田さんとパラッツィさんとの約束を忘れるわけにはいきませんからね。

そんな西田さんにパラッツィさんから素敵なプレゼントがあったのですが、その中身は私が言うわけにはいきません。
どうぞ、西田さんから直接お聞きくださいね。

さて、このバーの入り口にかけられている写真のことは前回に書きましたが、その理由とはこういうことです。
007の原作者であるイアン・フレミングが、主人公のジェームズ・ボンドが作中でオーダーするマティーニのアイデアをパラッツィさんからもらった、、、と言うことのようです。

実は、何作もある007のシリーズですが、その中ではマティーニの内容も代わってきています。
ただ、最初のマティーニには”ヴェスパー”と言う特別な名前がつけられているんですね。

早速、私はそのマティーニをお願いしましたよ。その味は、、、やっぱり強かった!!

◎ショーン・コネリーも、若いころはフサフサやったんやなあ。
180703g1.jpg

◎西田さんは、パラッツィさんにスコットランドでの出来事を写真を見せながらご報告。
180703g3.jpg

[広告] VPS


◎彼が押してくるカクテルワゴンには、こんなメタルが。このワゴン、1908年製ですか、、、すごいですね。
180703g2.jpg

◎私は”ヴェスパー”をリクエスト。パラッツィさんのマティーニは、どれもが男酒ですね。
180703g5.jpg

180703g4.jpg

◎西田さんはデュークス・マティーニを。こちらも最強。
180703g6.jpg

[広告] VPS


◎隣のテーブルでは、パラッツィさんがお茶目なところを見せていましたよ。
 彼がカクテルを作ろうとテーブルの横まで来たら、まだ飲み終わったグラスが下げられていないことを発見。

 若いバーテンダーを呼んできて、シェーカーグラスで頭をたたく格好をしているところです。
 もちろん、実際にはたたきませんけどね。 そして、最後にはこのバーテンダーに耳を引っ張られながら退場するというオチがついていました。
180703g8.jpg

◎デュークス・バー、、、素晴らしい空間です。
 三回目の訪問は、いったいいつになるのだろうか、、、、
180703g7.jpg

BA1315便 -久しぶりの泡もの-

さあ、時間になりましたからボーディングゲートへ。そして、、、やっぱりタラップを登って搭乗です。
夕方の6時過ぎの便ですから、乗客の皆さんもかなりのリラックスムード。

おっちゃんのCAさんからは「シャンパンでも飲まんかいな?」なんて言われて、、、
そういえば、シャンパンなんて久しぶりですねえ。スコットランドでは全く飲みませんでしたね。←ビールはアルコール類に入っていませんので

◎月曜日の夕方のフライトだったからか、ビジネスマンっぽい乗客が多かったですな。
180702g1.jpg

◎私たちを待っていたのはA320。やはり、タラップが接続されています。
 アバディーン空港では当たり前なんでしょうかね?地方空港っぽくて好きです。
180702g2.jpg

◎ヨーロッパのビジネスシートの常識ですが、三列シートの真ん中の席がテーブルになっているタイプです。
 ちなみに、シート自体はエコノミーと全く違いはありません。
180702g3.jpg

◎乗客が全員乗り終わった後からキャプテンが搭乗。これってアリなんでしょうか?
 機材のチェックはコパイ任せですか?

 ご心配なく。キャプテンのカッコはしていますが、乗客として私の右前の席に座られましたよ。←そうでないと困るで
180702g4.jpg

◎いよいよ、テイクオフ。 今度はいつ来れるんだろうか?スコットランド。
 西田さんは9月に再訪の予定だそうですけどね。
180702g5.jpg

180702g6.jpg

◎おっちゃんでしたが、顔の割には面白いCAさんでしたよ。
180702g7.jpg

◎夕方便だからか、スナック的なサービスです。カプレーゼですね。
 イングリッシュ・ブレックファーストが出てきたらどうしようか?って思っていたんですけどね。
180702g8.jpg

◎味はしごくまとも。やればできるんやん、、、イギリス人。←怒られても知らんで
180702g9.jpg

180702g10.jpg

180702g11.jpg

◎いやあ、この泡に癒されました。
180702g12.jpg

◎少し雲は多いものの、極めて平安なフライトでした。横の席では、西田さんが着席するなり爆睡モードに。
 ああ、これで今夜のお付き合いは長くなること決定です。トホホ、、、
180702g13.jpg

◎ヒースロー空港にランディング。さすがにBAだらけですね。
180702g14.jpg

◎A320。それほどうるさくないし、揺れも小さい。良い機材ですね。
180702g15.jpg

アバディーン空港 -懐かしさを感じる地方空港-

さあ、ここからは復路の記事になります。できるだけ簡潔にチャッチャと進めていきたいと思います。

私と西田さんよりも、ファビオのフライトが早かったので空港へは早めに到着。
空港での待ち時間は充分にありましたので、空港内を探索開始。
 
まあ、小さな空港ですわ。でも、それだけ身近な存在に感じて親しみが持てますね。
日本で言えば、私が若いころによく利用していた花巻空港を思い出させてくれるナニかがありますね。

◎チェックイン後は、とりあえずBAのラウンジを探索です。
180630g21.jpg

◎そのラウンジのカウンターでも、西田さんのジャケットは大うけ。ここでも”イイネ!”サインをもらっていましたよ。
180630g22.jpg

◎飲み物は普通。一応、西田さんからも合格マークが出ました。
180630g23.jpg

◎あとは、サンドイッチや、、、
180630g24.jpg

◎チーズやスープなどがそろっていますね。
180630g25.jpg

◎そんな中から、私はスープをチョイス。そうなんですよ。こちらで濃~いスープを飲んでいるうちにハマってしまったんですよ。
 日本に帰ったら、早速このお腹にドシンとくるような重いスープを作ってみようっと。
180630g27.jpg

◎イギリスのラウンジの窓は大きいんですよ。ですから、目の前を機材が行ったり来たりしています。
 それを見ていると飽きないですねえ。

 国際線だと思うけど(KLMだから)、タラップなのねえ。
180630g26.jpg

◎そんなラウンジですが、西田さんのリクエストでコンコースを歩き回ることに。
 でも、それもすぐに行くところが無くなっちゃって、、、

 GLOBEと言うレストラン/バーで一休み。こんなザワザワ感も良いものですねえ。
180630g28.jpg

180630g29.jpg

◎ここにいる人はみんな旅人。これから何処かへ飛び立っていくんです。そんな高揚感もありますねえ。
 皆さん、良い旅を、、、、
180630g30.jpg

«  | HOME |  »

Calendar

« | 2018-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad