FC2ブログ

まなゆうのガブ飲みワイン日記

どんなワインに出会えるのか、ドキドキしながらコルクを抜きます。そのあとの印象を自分なりに勝手に解釈して、日記風に書いてみます。 それに、京都や旅の話題なども取り混ぜて。

讃岐うどん行脚七軒目 -元祖”かまたま”の聖地へ-

今ではどこのうどん店でも名前が出てくる”かまたま”(釜あげしたうどんに、卵を乗せて醤油で食べるヤツね)ですが、実は、この食べ方の元祖は、この”山越うどん”です。
基本的に”釜揚げうどん”でなくてはいけませんから、自家製麺をしていないお店では作れないんですよねえ。
でも、最近どの街にでもあるような感覚になってしまっている”丸亀製麺”(本社は兵庫県。これっておかしくないかい?)が、その名前を広めてくれたんでしょうねえ。

以前にも書いたことはありますが、私が山越うどんに通い始めたのは40年以上も前のこと。その当時は、向かいの駐在所(今はありません)のおまわりさんが、うどん鉢を持ってうどん玉を買いに来ていましたねえ、、、(遠い目)

それが今では、飛ぶ鳥を落とす勢いで、お店は拡張に次ぐ拡張。とってもゆったりとした半オープンの環境で、うどんをすすれるんですから、、、これはこれで嬉しいことではありますね。

◎なんと立派なエントランスが道に向かって広げられていました。大びっくり!!
200513r5.jpg

◎でも、うどんを受け取るにはここから入ってはいけません。右の路地からお店に入りましょう。
 そこでうどんを注文して、天ぷらなんかもよろしければ、どうぞ。
200513r1.jpg

◎今日の私はプチ贅沢。いつもの”かまたま”ではなく、一つグレードの高い”かまたま山”でいってみましょう。
 この専用のかけ出汁のキャラクターは、いつもうどんを手渡ししてくれるおばちゃんとよく似ていますね。今回は、マスクをしてはったのでよく比較はできませんが、、、
200513r2.jpg

◎このお出汁、結構濃いんです。注意しながら回しかけます。これでおわかりですよね。”かまたま山”の”山”は”山芋”のことなんですよ。
200513r3.jpg

◎グルグルかき回すと、山芋がまるで淡雪のようにふわふわに膨らんできます。そこに卵を絡めて一気に啜ると、、、
 ああ、ここまで来た甲斐があったと言うもんですわ。
200513r4.jpg

バー・クーゲル -バーの灯は消えず-

緊急事態宣言で休業を余儀なくさせられている飲食店やバーが多い中、祇園にあるクーゲルさんは営業中ですよ。

営業時間こそ、午後3時から午後8時までと制限はありますが、カウンターに腰を落ち着けて、バックバーのボトルたちに挨拶をしたら、もう充分に”その”気分になれます。
窓が全く無いというのも、ある意味で有利ですね。時間の感覚をずらすことができますからね。

マスターの大石くんに聞いてみると、当然ながら、コロナ対策にはすごく気を使っているようです。
最近では”オゾン除菌機”なんかも導入したみたいで、店内を無菌状態に近づけているんですと。

◎こんな張り紙がありますが、、、
200510r10.jpg

◎この通路を伝って2階に上がると、そこはもうオーセンティックなバーの世界です。
200510r1.jpg

◎まずは、シャルトーニュ・タイエの泡から。
200510r2.jpg

◎この作り手は、以前に訪問したことがありますね。若い当主が熱意を持ってシャンパーニュに向き合っているのを強く感じましたよ。
200510r3.jpg

◎大石くんになにか作ってもらいましょう。
200510r4.jpg

◎食前酒として、マンハッタンですね。美味しいです。
200510r5.jpg

◎タンカレーのジン・トニックも柔らかくて良いですねえ。
200510r6.jpg

◎また違う日には、ガティノワのロゼからスタート。宮崎マンゴーの甘さと良いコラボですね。
200510r7.jpg

◎この日は食後だったので、ファークラスのハイボールや、、、
200510r8.jpg

◎タリスカーのストレートで〆てみました。

 今の状態の私にとって、本当に貴重な”とまり木”になってくれているバー・クーゲル。
 これからも、どうぞよろしくおねがいしますね。
200510r9.jpg

讃岐うどん行脚六軒目 -カイト、危機一髪-

次のうどん店は”池内”さんですね。ここも特徴あるポイントはいくつもあるんですが、ここでカイトがまさかのことをやってくれましたよ。
いやあ、びっくりしたなあ、、もう、、、

おかげで、せっかく食べたうどんの味を忘れてしまいましたがな。写真を見返して”冷たいのんの醤油”を食べたのを確認した次第です。

◎池内さんも立派な製麺所です。このきれいな暖簾がお店への入り口ですよ。
200509r1.jpg

◎かなりのお客さんがいましたので、うどんを受け取ったら、裏にある池の横で”立ち食いうどん”です。
 この池には立派な鯉がいて、昔はうどんの切れ端を投げ込むと、スーッと寄ってきてパクリとたべてくれたものですが、最近では食べ飽きちゃったのか無視されてしまいます。

 ところが、そうやってボーッと鯉を眺めていると、突然横で叫び声が!
200509r2.jpg

◎何事かと見てみると、カイトが池にズリ落ちていきます。これは一体全体、どうしたことか?
 最後に竹に助けられて水没は避けられましたが、これが滑り落ちていった場所です。
200509r3.jpg

◎這い上がってきたカイトを見て感心したことは、最後までうどん鉢を離さなかったこと。
 しかも、周りに飛び散ったうどんを手でかき集めて食べ続けるという、、、

 これにはターニーも大笑い。なっちゃんもこのとき食べたうどんの味は忘れてしまったそうですよ。
200509r4.jpg

◎いやあ、笑わしてくれますわねえ。”池内うどん店”は再訪決定ですね。うどんを食べ直さなくては、、、

 そのときには、入り口は間違わないでくださいね。右側の”営業中”マークの出入り口ではなく、お兄ちゃんが出てきた暖簾のところを入っていってください。
ついでにいうと、池内さんではお蕎麦も作ってます。なっちゃんの後ろの看板の”うどん”の文字の横に、小さく”そば”と書いてあるんです。
200509r5.jpg

赤垣屋 -40年間、変わりなし-

大学時代も通っていたんだけれど、本当にお酒の味を自覚し始めたのは、やはり自分が稼いだ金で飲み歩くようになってから。
そう考えると、私とこのお店との付き合いは40年、、ということになります。

その間に、大将は代替わりをしたし、お店の周りの風景も少しは変わったけれど、ここのカウンターに腰を落ち着けてツィーとお酒を飲んだときの満足感は全く変わり無し。
コロナ騒ぎで客足は落ちているようだけれど、老舗の風格はそのまんま。ぜひ、コロナが収束するまで、今のままでいてください。

◎太田和彦が番組で紹介しちゃってから、開店前に、この店先に行列ができるようになってしまった。
 カウンター席は予約不可ということで、30分前には、必ず何人か並んでいたものです。
 それが今では、、、
200507r1.jpg

◎なんと! 私の先客は一人だけ。しかも、案内されたのはそのお客さんからは一番遠い端の席。
 これじゃあ、三密なんてありっこないわねえ。
200507r5.jpg

◎とりあえずはお酒を。アテを肴に、心を落ち着けましょう。
200507r2.jpg

◎さあ、なにを頼もうかなあ?
200507r6.jpg

◎まずは、お店の名物(と、勝手に思っている)”きずし”ですね。
 メニューには”しめさば”と書いてあるんだけど、関西では”きずし”のほうが、通りが良いです。

 大将が丁寧にさばいてくれますよ。
200507r3.jpg

◎う~ん、この酢締めの具合が良いですねえ。とても柔らかいお酢で、くどいところは全く無し。
 あくまでも、お酒の脇役に徹しているところがエエわあ。
200507r4.jpg

◎二品目は”うなぎ白焼き”です。これには燗酒がマストですね。
 ただ、ちょっと燗付けが長く感じる。もう少し”ぬる燗”が好きです。
200507r7.jpg

◎関東風に蒸してから焼いているんだと思うんですが、このホクホク感、写真から伝わりますでしょうか?
 わさびをチョコンと乗せて、そのまま口へ、、、口福とは、、、このことですよね。
200507r8.jpg

讃岐うどん行脚五軒目 -わたしがたむらです-

がもうを出た私達は、一路南へ。うどんの名店が集中する綾川町を目指します。
最初のお店は”手打ちうどん たむら”ですね。

交差点の脇にある、本当に目立たない佇まい。大きな看板も暖簾もありません。
でもねえ、、、ここの大将が、いつもええ味を出してくれるんですよ。

すごく気さくな性格なんですね。最初の一言「なにすんな?」から始まって、他にお客さんがいないときには世間話も。
私もついつい徳島弁になってしまうのですが、身体から余計な力が抜けていくような気持ちの良い脱力感、、、好きです。

◎交差点角の電柱の小さな看板に注意しましょう。
200505r4.jpg

◎コサ~カになっちゃんにカイトがなんかやってますね。醤油かかけかぶっかけか?
 ターニーはお土産うどんかな?
200505r1.jpg

◎私は”そのまま(小)”にネギと生姜をトッピング。
 それに醤油を一回し。
200505r2.jpg

◎流石に冷たい麺は硬いです。でも、少し甘めの醤油とのマッチングはグッド。
200505r3.jpg

◎そんな大将はこんな人。お土産うどんに自分の顔を載せるのって、、、
 「わたしがたむらです」ってか、、、
200505r6.jpg

◎そういえば、、、あやがわポケモンのヤドンに似てるよなあ、、、、
200505r5.jpg

«  | HOME |  »

Calendar

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

まなゆう

まなゆう

☆性別     男
☆年齢     不詳
☆星座     さそり座
☆好きなもの ワイン
         オートバイ
         ゴルフ
         ルアーフィッシング
☆嫌いなもの 他人のタバコの煙

FC2ブログへようこそ!